庭を考える

d0113613_1252986.jpg



d0113613_1255938.jpg




d0113613_1262378.jpg



d0113613_1264233.jpg





『徒然草』の中で吉田兼好はこんなことを言っている。
屋敷に植えたい木はまず松に桜。‥‥草花なら山吹・藤・杜若・撫子。
池には蓮。秋の草には萩。薄・桔梗・萩。‥‥蔦・葛・朝顔など
いずれもあまり高くなく、ちょっとした垣に混んで
植わっていないのがよい。

「住まいのことのは手帖」 木山直世 著 から抜粋


植物写真はすべてこれまで撮りためた散歩写真。
四季を通して好きな花を思い浮かべると
案外、雑草のようなものが多い。
母が古家から運んだ植物をながめてみても、これからはじまるのは
ガーデニングというよりは素朴な「庭づくり」。

最近ファンになってしまった
TV放映中の「猫のしっぽカエルの手」で
ベニシアさんの庭を拝見していたら、今度の庭づくりには
ワタクシも参加してみたい‥‥と思う今日この頃です^^v


by sketcher | 2010-05-28 12:35 | 雑記帖 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/11197121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。