千駄ヶ谷の富士塚

江戸の夏は富士山の山開きではじまり、江戸のあちこちにある
富士塚にお参りするのも江戸庶民の夏のイベントだった‥‥と
いうことを読みまして、さっそくここ千駄ヶ谷にもある
富士塚に登りました。

d0113613_14352510.jpg

鳩森神社に入り子供たちの歓声がきこえる方に行くと
歓声とともに富士塚から駆け下りてくるのが見えた。

d0113613_143745.jpg


d0113613_14383719.jpg

大正12年に修復されていますが、ここが都内最古の富士塚だそうです。

d0113613_1441228.jpg

江戸市中を中心に庶民の間で富士信仰が盛んだった時代、
たくさんの人たちが肩に手ぬぐいをのせてここに訪れたにちがいない。

では、登ります。

d0113613_14481846.jpg


d0113613_1449323.jpg

7合目の洞窟に身禄像。手を合わせる。

d0113613_14504319.jpg


d0113613_1451339.jpg

円墳形に土を盛り上げ採掘跡を池に、富士山の溶岩は
頂上近くのみに配され、頂上に奥宮、山裾には木造の里宮を。
山復の要所要所には丸石を置き、熊笹を植え、登山道は天然石
で階段としている。これが江戸築造の富士塚の基本様式だ。
‥‥と看板にある解説箇所を確認したくても
あまりにも急な階段で頂上には恐くて登れなかった!

山復から下を見ると
さっきの子供たちが今度は境内を走り回っている。もう夏休みかぁ〜

d0113613_1553684.jpg

d0113613_1581928.jpg

下におりて能楽堂の前を通るとこの日は唄のお稽古中。
薪能は6月に終っていますが一度はみてみたいなぁ。

d0113613_1519068.jpg

何度かこちらのブログで紹介していますが、春の桜が見事なここ鳩森神社。
今は夏、すでに立ち枯れしつつある紫陽花をパチリ。

またしても蚊にさされまくりましたが(悲しきO型)
夏の神社は最高ですね〜^^
杜の中は2度くらい気温差があるように感じました。

江戸の話は、metro age 「江戸涼み考」中
小沢詠美子氏の「江戸の夏は、活動的な季節イベントのオンパレード」
からの抜粋です。



by sketcher | 2010-07-27 15:39 | 旅と散歩 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/11630711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。