向島百花園「月見の会」にて

d0113613_16235968.jpg

毎年仲秋十五夜の頃夜間公開し、月見の催しを行う向島百花園。
遠くから雨の気配が漂ってくる22日の晩でしたが予報では早い時間なら
お月見も楽しめると聞き、東向島まで出かけてみました。





向島百花園は、江戸の文化・文政期に四季百花の乱れ咲く園という意味で
つけられたとされる唯一現代に残る江戸時代の花園。
開園当初は梅園としてその後は万葉集や中国、日本の古典に詠まれている
有名な植物を集めた。

d0113613_1632364.jpg

園内には、文人たちの句碑や石柱が随所に立っている。

d0113613_1636062.jpg


d0113613_16362722.jpg

句会も催されていた様子。

d0113613_16384226.jpg

夜の庭。草花を自然光で撮れなかったのが少し残念。
ライトアップされたハギのトンネルをくぐる人は後をたたない。
園の見どころに山上憶良の秋の七草の地植えも楽しめるとあった。
まさに江戸琳派の画家、鈴木 其一の草花画を彷彿とさせる風情。

d0113613_16471132.jpg

琴の演奏がはじまった。

d0113613_16482745.jpg


d0113613_1649394.jpg

思いおもいの場所で

d0113613_16495582.jpg


皆が夜空を見上げ

d0113613_16501594.jpg

お月見を楽しんだ。

あぁ、日本人でよかった。


by sketcher | 2010-09-24 16:54 | 旅と散歩 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/11973006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。