Un homme aristocratique-regardant tel que la rose

d0113613_1433640.jpg

いま読書中のミステリーはジャン=フランソワ・バロ著
「ブラン・マントー通りの謎」。
18世紀のパリが舞台の物語、
主人公の見習い警視、ニコラ・ル=フロックに私が抱いたイメージを
本日のタイトルにしてみました。

Un homme aristocratique-regardant tel que la rose
ー薔薇のような貴公子ー



きょうはこのミステリーを
新宿御苑のバラ花壇より5つの薔薇に添えて紹介します。

d0113613_1413368.jpg

ニコラは孤児という不幸な生い立ちを背負ってはいるが、
聖職者の養父の手でだいじに育てられ、名付け親の侯爵からは
貴族と同じ教育を身につけさせられた。
訳者あとがきより抜粋

d0113613_14194296.jpg

読者はニコラとともに、当時のヨーロッパ第一の都、
洗練さと猥雑さが混在するパリを歩き、
美辞麗句と権謀術数の飛び交うヴェルサイユの宮廷人のあいだを縫い、
不満を抱える民衆の視線に晒されながら、
うちに革命を孕んだフランス社会を探訪していく。
訳者あとがきより抜粋

d0113613_14322296.jpg

国王に忠誠を尽くすよう、もともと遺伝子に書き込まれているかの
ようなニコラ。啓蒙の世紀における宮廷政治にきわめて批判的な年長の部下
ブルドー捜査官に対し、いかに誠心誠意『国王に仕える』ことが
できるかと腐心しているニコラ。
訳者あとがきより抜粋

d0113613_1433063.jpg

物語のあらすじ

ある警視の失踪事件の担当を命ぜられた若き見習い警視ニコラ。
その任務をなぜ経験のない自分が命ぜられたのか困惑しながら
捜査を開始したが、失踪事件はやがて陰惨な殺人事件へ、
そして王宮をゆるがす一大事へと発展する‥‥。
18世紀のパリを鮮やかに描いたフランスの人気シリーズ登場!

ニコラ警視の事件 1
ブラン・マントー通りの謎
著者 ジャン=フランソワ・バロ
訳者 吉田常雄
株式会社 ランダムハウス講談社

現在、物語は後半に入り事件の謎ときも気になる所ですが
主人公ニコラの魅力にぐいぐいと引き寄せられ、第二編、第三編も
今から楽しみです。

そしてこの物語は、数年前にフランス国営テレビで秋の歴史ドラマとして
放映されたもよう。ニコラを演じた俳優はジェローム・ロバール。
私の頭の中だけで勝手にビジュアル化されていたニコラが
ジェローム・ロバールの写真を見た事で完全に彼になってしまった!!
こうなると、このドラマをどうしても観たくなるではないですか‥‥。
日本では放映されないのでしょうか。

バラの名前 上から
エーデルワイス
ラベンダー ドリーム
フリージア
エスメラルダ
グラニー





d0113613_14552237.jpg

この人です。

それにしてもこんなにおもろいミステリーをBOOK・OFFで105円で
買って来た姉に脱帽です。しかも第三編まで!003.gif
by sketcher | 2010-12-01 15:23 | 写真帖 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/12399986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。