梅のクロスステッチ

d0113613_11364025.jpg

先週からはじめた梅のクロスステッチです。
花の刺繍の上にランニングステッチを刺しています。

昔の農民刺繍は、麻布に刺し子を施し布に厚みや強度を持たせた
厳しい冬の寒さをしのぐための実用の刺繍だった。
刺し子は農家の女性たちの繊細な手仕事により、やがて独特な連続模様を
生み出し、みごとな装飾となり現代に受け継がれている。

麻布に幾度も糸を通していくと本当に布に厚みが増して行くのが
わかる。少しづつだけれど確実に。それが実に気持ちよい。
チクチクチクチク‥‥止まらなくなちゃった。


by sketcher | 2011-02-22 11:50 | 刺繍のこと | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/12960218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。