祈りの年

d0113613_10222792.jpg

西神田カソリック教会の前で立ち止まる。

たくさんのことを考えさせられた一年でした。





d0113613_10261836.jpg

1929年竣工/設計:宮内初太郎

d0113613_10313946.jpg


d0113613_1032723.jpg

2011年秋、たとえ通りすがりでも
こうした場所では祈らずにはいられない年になった。


そして春には‥‥

d0113613_103599.jpg

学生時代から親しんだこの場所でも

d0113613_1036891.jpg


d0113613_10364076.jpg

祈った。

東京復活大聖堂
通称ニコライ堂 竣工明治24年
設計:ロシア工科大学教授 シチュールポフ博士
工事監督 英国人コンドル博士


震災からしばらくは喪失感とともに気力も失せ
何をどうしたらいいのかわからなくなった。
そんなとき、照明の消えた書店の店先で手にした本。

d0113613_1041357.jpg

日本人はこれまでも震災や戦災をくぐり抜け、幾多の苦難にも
打ち勝ってきたということをあらためて知ることになった一冊。
ぼんやりしているな!と著者に叱られたような気がした。

ある人は「人生は無常だ」と言った。
その通りだと思う。どうせ変わらぬ日常など無いとしたら
自分から新しい一歩を踏み出して昨日までの自分を変えた方がいい。
そうやって未来は自分の力で開くものかもしれない。

ずいぶん長く生きてきたのにこんなことを考えたのははじめてかも‥‥恥。

2012年も希望を胸に!
来年もよろしくお願いします。クロススケッチ


by sketcher | 2011-12-30 11:06 | 旅と散歩 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/15190147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。