映画「pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」

d0113613_10391640.jpg


もしかしたら赤は「いのち」の色

背中に樹がはえた女は
あの森の貴婦人・スクーグスフルーなのか

水と踊る

ゴメンナサイ・オネガイシマス‥‥を繰り返し
ズボンをおろす男

椅子

車内で踊る

マッチョな腕をしたドレスの女

森はステージ

‥‥‥

夢の中の世界みたいな映画だけれど、踊っているのは
まぎれもない生身の人間。断片的に頭の中にシーンが甦る。

ヴィム・ヴェンダースが撮った最新3D作品。
踊る人はすぐ目の前にいます。体育座りをして踊りを鑑賞している自分のすぐ目の前に。
なので工場やモノレールの下に自分も一緒にいた感覚。
水や枝、そして人間もときどきこっちに向かって飛んできた。

DANCE FOR LOVE

踊る事にとまどいを感じた青年にピナがおくった言葉。

http://pina.gaga.ne.jp/


満席の場内からときどき、いびきが聞こえてきたよ。。。
心地よくなっちゃう気持ちわかる。音も素晴らしかったから。



by sketcher | 2012-03-15 11:27 | 雑記帖 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/15576333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。