ドロンワークのスクラップステッチ

d0113613_1063375.jpg

布とステッチの関係はめぐり逢いのようなものか‥‥。
ドロンワークは糸をひっぱってステッチしながらできる穴が
模様になるわけだから、織りがきめ細かな布にドロンワークを施すと
ちがう模様に見える。予想外にいい感じに仕上がることもあるし
ぜんぜんおもしろくないこともある。それに糸の太さでも違ってくる。
今度は織りの粗いリネンガーゼを使ってドロンワークをしてみよう。

前にコーヒーの出がらしでむら染めをした7目の麻布の切れ端に
ドロンワークの練習をしたときのサンプルが出てきた。
2年くらい前かな‥‥すごい下手なんですけど^^;
だからピンをあまくしておきました。

こんなスクラップ・ステッチですが何かカタチにしようと思います。


by sketcher | 2012-06-04 10:22 | 刺繍のこと | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/15980942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。