トバス・ナバリというオリーブオイル

d0113613_1059873.jpg

タグに添えられたクロスステッチを見かけた友人からワタクシへ。
ありがとう。..。.:*・゜
よく見るとラベルにもこのステッチがデザインされています。
このかわいいボトルのオリーブオイル「トバス・ナバリ」には、
生産背景から、平和の祈りが込められていることを知りました。

パレスチナ産エキストラバージンオイル「トバス・ナバリ」。

”平和の木”オリーブの発祥地と言われるパレスチナ。
現在はイスラエルによる占領下にあり自由に経済活動を
行うことのできないオリーブ農家。
日本をはじめとする平和・共存を願う人々の協力で生まれたのが
この「トバス・ナバリ」。
原種に近い希少なナバリ種を無農薬・無化学肥料で育て
良質な実だけを丁寧に手摘みし48時間以内に搾油。
若々しい豊かな香りとスパイシーな味わいの品質も
高く評価され、イスラエル、サウジアラビアなど中東諸国で
愛されている。

撮影後にいただいてみる。
本当に『若々しい豊かな香り』のオリーブオイルでした☆
それにこのオリーブオイルはパレスチナ産だけの特長である
時とともに変わりゆく味と色彩を楽しめるようです。
プレゼントされた時は深緑色だったオイルの色は今はこんな感じ。
きっと味も今はマイルドだけれど、もっとスパイシーだったの
かもしれませんね。

http://kyoto-nicco.org/


by sketcher | 2012-06-22 11:39 | 雑記帖 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/16111732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。