古代蓮の里へ 01

d0113613_10443159.jpg

埼玉の行田市にある『古代蓮の里』へ写真散歩へ出かけました。
覚悟はしていたものの、暑かったですぅ。。。

池の中に飛び込みたいほどに^^;






d0113613_1111431.jpg

+永い眠りから目を覚ました行田蓮+

昭和46年の公共施設建築のための工事で地中深くに眠っていた
行田蓮の実が掘り起こされ自然発芽したものと思われるが
その量と一斉に開花したことは、過去にも例がなく極めて珍しい
ことといわれている。その後、蓮の研究家の調査により、この
蓮の実とその周辺の出土木片の年代測定をしたところ、
この古代蓮は、1400年から3000年前のものと推定される。

高さ50mの展望タワーもありました。

d0113613_11165314.jpg


想像以上に大きな花だった。

d0113613_1118568.jpg

d0113613_11183725.jpg


d0113613_11193277.jpg

d0113613_11194764.jpg


d0113613_11202975.jpg

行田といえば有名なのが『埼玉(さきたま)古墳群』。
埼玉県人なら必ず遠足で行きます。思い返しても記憶はあいまいですが(恥)
埼玉=さいたまという名称の発祥の地とも言われている。
最近では映画化された小説「のぼうの城」の舞台となった忍城が
あることでも行田市が注目されました。

d0113613_11385422.jpg

春は桜も楽しめそうな園内。
とにかく暑いので木陰やあずまやの下は人でいっぱいでした。

d0113613_11405624.jpg


蓮の見頃は6月〜8月上旬の午前中。

d0113613_11414149.jpg

あと少しの間、楽しめそうです。

明日は違う品種の蓮と水生植物をご紹介します。


by sketcher | 2012-07-25 11:45 | 旅と散歩 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/16470927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。