映画 おみおくりの作法

d0113613_131291.jpg

主人公ジョン・メイの食卓。紅茶とリンゴと魚の缶詰にトーストがお決まりのメニュー。
無駄のないシンプルな暮らし。原題「STILL LIFE」を象徴するようなシーン。
孤独な死を迎えた人の葬儀を執り行う孤独な民生係のお話。
ちなみにロンドンの民生係は実在するそうです。

生きているうちに他人とどんな関係を築いておくべきか、映画の途中で
考えはじめる。本当の『孤独』ってまだ知らないし、高齢になった両親のおみおくりの
ことばかりに気をとられ、自分がどんな最後を迎えるかなんて考えないように
しているみたいなところもある。そんなこんなで胸が詰まってくるんですが‥‥
ラストシーンでホ〜ッとする。
あっちに行ってからもまた家族や友達とおしゃべりできそうだなぁって^^





d0113613_13314060.jpg

頑固というわけではない。紅茶にこだわらず勧められたココアだっていただく。

d0113613_13324726.jpg


ビリー・ストークの葬儀の準備を整えながら少しずつジョン・メイの
日常は変化していく。ダウントン・アビーのアンナ役、ジョアンヌ・フロガットの
薄幸な雰囲気がとても美しい。このビリー・ストークの娘ケリーとの関わりが
ジョン・メイの日々に柔らかな彩りを添えていく。

d0113613_13374066.jpg

俯瞰で見るジョン・メイの顔。二度目に見る顔はこの時の顔より
少しだけ明るい。


映画を観終わって少しの間考えていたことは
『何はともあれ部屋は掃除しておこう』ということだな。。

画像は公式twitterからの引用です。


by sketcher | 2015-03-15 13:51 | 雑記帖 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/21632052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。