第16回 東京国際キルトフェスティバルから

d0113613_21373177.jpg

こちらのスウェーデン刺繍のバッグは
『わたしの”手仕事”スタイル』市原悦子(女優)さんの作品です。
この作品が今回の一番のお気に入りになりました。素敵なバッグでした〜

キルト作品は経年変化した生地や刺繍に見えるアンティークの風合いが好きなので
特別展示の「珠玉のガーデンキルト」のブースが素晴らしく、楽しめました。

d0113613_21141967.jpg

一応、パチリ⭐︎してきた、「べっぴんさん」のタペストリー。
朝ドラではドラマチックな演出の中に登場するのでこういった会場の
ライティングで見ると結構派手な感じがしましたよ。

それから楽しみにしていた斉藤謡子さんのブースでは北欧テイストのインテリア
が良かったです。画像はツイートしますね⭐︎

キルトって本当に大きな作品が多く、とてつもないエネルギーを感じます。
特別企画 鷲沢玲子先生の「オズの魔法使い」のブースからは
手仕事の楽しさ‥なんてのんきな言い方では物足りない、たぶんたくさんの生徒さん
たちが一丸となって作り上げたに違いないチームワークの力みたいなものも
感じました。

by sketcher | 2017-01-25 21:36 | 刺繍のこと | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/23802022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。