ステッチキット「きんいろのカナリア」

d0113613_09565044.jpg

ティクロワのShopからお知らせです。
ティクロワでは11月のホームページ スタート記念キャンペーン中!
2017年1月〜11月30日の抽選日までにShopをご利用いただいた
お客様がプレゼントキャンペーンの対象になります。
こちらのステッチキット「きんいろのカナリア」の発送は12月に
なりますが11月30日(木)までにご注文いただいたお客様は
抽選の対象とさせていただきます。

「きんいろのカナリア」は絵本や昔飼っていたカナリアから
イメージして生まれました。
ブックカバーとお薬手帳カバーの2通りのレシピをセットしています。
どちらかお好きなアイテムに仕立ててくださいね。↓





資料を探していた時に久しぶりに本屋で出会った
「チャーリーとシャーロットのきんいろのカナリア」。
前は「しあわせどおりのカナリア」というタイトルだった
チャールズ・キーピング作の絵本です。
仲良しのチャーリーとシャーロット。でも、突然シャーロットは
どこかへ引っ越してしまう。
二人でよく眺めていた小鳥屋さんのカナリアを飼いはじめ
いつもシャーロットの話を聞かせていたチャーリー。
ある日、鳥カゴの掃除中にカナリアを逃してしまった
チャーリーでしたが、逃げたカナリアが飛んでいった先は
シャーロットの引っ越し先の高い建物のベランダでした。
きんいろのカナリアが仲良し二人の心を取り持ったというトーリー。
そんな物語から窓の外にいるカナリアをステッチチャート
にしてみました。

そして下のちょっとレトロな写真は、昔ウチにいた何代目かのピーコです。
ウチにいた小鳥はみんな、鳥かごの中よりも外で過ごして
いることが多かった。

d0113613_09561427.jpg

人が前を通ると『早く出してよ〜!!』と言わんばかりに
いつもにも増して高いさえずりを‥‥。
なのでカゴから出して、遊ばせ、出していることを忘れて
窓を開けたり、肩に乗せたまま庭に出てしまったり。
それでもあまり外の世界に興味を示さない。
ところが、ある日、どこにこんな力があったんだろう?と
思うようなすばしこさで空高く飛んで行ってしまう。
まるで油断した人間の心を見透かしたように。
そんな風に何羽の小鳥を逃してきたことか。学ばない家族です。
でもひょっとしたらお腹をすかして戻って来るかもしれないと
窓の外に空っぽの鳥かごの扉を開けたまま置いて待っていたことも。
裏側はそんな思い出をステッチチャートにしました。

d0113613_09564254.jpg

ティクロワでは「きんいろのカナリア」をお薬手帳カバーに仕立てました。

d0113613_09563017.jpg

手帳とカードケースが入るようにポケットを少し深めにしています。

d0113613_09562538.jpg

お薬手帳カバー仕上がりサイズ:約W224×H155 ポケットW74(mm)
ブックカバー仕上がりサイズ:約W236×H160 ポケットW50(mm)
刺繍材料はフレメ12Uの布に花糸をセットしました。
皆さんも心の片隅にいる誰かさんのことを思いながら
「きんいろのカナリア」の刺繍をお楽しみください^^


by sketcher | 2017-11-26 10:58 | 刺繍のこと | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/26177298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。