竹久夢二美術館

夏のように晴れた日曜日の午後、友人Aちゃんとやねせん(谷中・根津・千駄木)
散歩に出かけました。
まず、文京区弥生にある「竹久夢二美術館」へ。

d0113613_16184793.jpg

d0113613_1619922.jpg


私は夢二の美人画より、港屋で売られた千代紙や封筒の絵、それに
雑誌デザイン、広告などの仕事が好きで、その展示をとても楽しみにしていました。
いつも書籍で見ているので原画や印刷指示書(印刷を依頼する時に
決まり事や自分の希望を書く)まで展示されていたことにいたく感動!
昔の印刷技術ですから、原画では金色のところが印刷物では茶色なんてことも...。
多分そんなことの連続、さぞ、夢二もはがゆい思いをしただろうなぁ〜。


d0113613_16372890.jpg
d0113613_16374640.jpg

そしてこちらのショップでは、桐生絵画織りの「蔓草」ブックカバー
と絵はがき、手前から「手製半襟の図案」「桜草」「家族双六」、そして
夢二モチーフのスタンプを購入しましたよ♪
大正ロマンの美人画家の代表のような夢二。49年の生涯の多くの仕事と
恋愛遍歴も展示されたこの美術館は、併設された弥生美術館と供に
かなり見応えがあり楽しめます。(あの頃のサブカル好きにもオススメ!)

d0113613_1765270.jpg
そして美術館の外には港屋があります。こちらはカフェですが^^





この日は「竹久夢二美術館」と芸大で開催されている「バウハウス・デッサウ展」
の閲覧がメインの目的でしたが、旧東京音楽学校奏楽堂が一般公開されていたので
途中で立ち寄りました。

d0113613_1711430.jpg
こちらは昨年トイカメラで撮影した奏楽堂です。

チェンバロの演奏を聴きながらしばし休憩。室内はセピアカラーで
掲載してみましたよ〜

d0113613_17195431.jpg

d0113613_1722724.jpg
チェンバロの向こうにあるのがパイプオルガン。

d0113613_17232260.jpg

昭和62年に上野公園に修復移築された奏楽堂。国の重要文化財です。

d0113613_17284930.jpg
d0113613_17291715.jpg

そして、芸大に到着「バウハウス・デッサウ展」のお話は後日、
ティクロワのHPに書こうと思います。

芸大から千駄木方面に谷中を歩き、途中、喫茶「乱歩」で休憩。
いせ辰で千代紙を買いました。

d0113613_17333184.jpg

どのくらい歩いたのかなぁ〜?

d0113613_17341360.jpg
やねせんマップにマークした。今度は、万歩計つけて歩こう〜♪
by sketcher | 2008-05-20 17:41 | 旅と散歩 | Trackback
トラックバックURL : http://crosketch.exblog.jp/tb/7939413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。