カテゴリ:刺繍のこと( 467 )

d0113613_1675767.jpg

明日に体験レッスンを控えながら、前もって会場に足を運ぶこともせず
スミマセン!レポート記事くらいアップするべきですよね。。
(事後になりますが、また感想を交えながらご報告いたします)

本日は、忘れ物のないようにレッスンの支度をしつつ、新作のサンプル作りのため
アトリエに籠ることにしました⭐︎
よろしければ、明日の午後「ティクロワのクリスマスオーナメント」を
ご一緒に作りましょうね。

日時:9月17日(土)13:30~15:30
会場:東京ビックサイト(東京国際展示場)西4ホール
※体験レッスン・ワークショップは会場出口近くのhappylife広場になります。
料金:1000円(クリスマスオーナメント・キットの代金です)当日お支払いください。

皆様のご参加を会場でお待ちしております⭐︎^^⭐︎


d0113613_10335794.jpg

きのうは目の保養をさせていただきました。
もうちょっと早く行ければ書籍(図録)など購入できたのかもしれませんが
最終日でしたのですでに完売。刺繍技巧を紹介したリーフレットだけ手に入れました。
(あの蒸しっとした天気でリーフレットもよれっている‥)

ヨーロッパ、アジア、アフリカなどの民族衣装、オートクチュールのドレス、
日本の着物などに施されたさまざまな刺繍は、高度な技術を持つ専門職人や
各国の家庭の女性たちの手による素朴なものまで、どの刺繍にも
丁寧に、一針ごとにこめられた愛情を感じました。合わせてものすごい『集中力』も‥‥。
ベールやバッグ、暮らしの装飾品なども少し展示されていました。
アクセサリー類の刺繍というのもまた別枠で閲覧したいものです。

日本のコーナーでは昨年の秋に訪れた青森のこぎん研究所の映像が流れ
その傍に置かれたYohji Yamamotoによる刺し子のウエディングドレスが面白かった!
日本刺繍もとても魅力を感じますが、打ち掛けのような晴れの衣装ではなく、
幕末から明治にかけての『裏』へ施した刺繍がとてもツボでした。柄も色合いも渋くてオシャレ!
そして、昔もサンプルとして、高貴なお方の着物用にはお人形サイズくらいの縮小版で雛形が
作られていたんです。雛形にも刺繍がバッチリされていて、実際のサイズにそのまま
反映されていたそうです。その縮小サイズの方が可愛いくてとても気に入ってしまいました。

私もティクロワとして自分なりに好きな刺繍を続けてきました。
柔らかな手触りと仕上がりも素朴な花糸刺繍はこれからも続けることと思います。
でも年齢を重ねていくと、また、違った魅力を持つ素材に惹かれることもあることでしょう。
そんな風に考えると、まだまだたくさんの種類の形や素材、技法を楽しめる「刺繍」に
出会ったことをたいへん嬉しく思いました。


d0113613_1517245.jpg

「ティクロワのクロスステッチ講座」では
キルト&ステッチショー2016の会場で体験レッスンを行います。
クリスマスオーナメント作りを通してクロスステッチの仕方と仕上げを
2時間でレクチャーしますので、これから受講をお考えの方、
クロスステッチ初心者の方にも気軽にご参加いただける内容です。
デンマーク刺繍の材料をキットにしました。ご一緒に花糸刺繍を楽しみましょう!

日時:9月17日(土)13:30~15:30
会場:東京ビックサイト(東京国際展示場)西4ホール会場ヴォーグ学園ブース内
料金:1000円(クリスマスオーナメント・キットの代金です)当日のお支払いになります。

皆様のご参加を心よりお待ちしています⭐︎^^⭐︎

キルト&ステッチショー2016
http://www.tezukuritown.com/qss/



d0113613_11191013.jpg

Trellis(格子柄)トレリスシリーズ2つめのアイテムはポシェットです。
格子柄、菱形、ジグザク柄は模様の中でもプリミティブな魅力でいっぱい!
好きな色使いで刺繍糸を選ぶと楽しみが一気に広がります。
私はやっぱりブルー系がすきなんですよ^^(ティクロワの刺繍、ブルー系多くてすみません‥)



人気サイズのポシェット
d0113613_21303648.jpg

Vintage roseシリーズのバネ口ポーチはバネ口金が11cmでした。
今回はバネ口金を12cmに、ポーチ本体サイズもW110×H175mmと
少し深くしました。(本革ハンドル:220mm)
ステッチチャートはTrellis(格子柄)トレリスシリーズ。
幾何学模様の中でも菱形や格子柄をシンプルなモチーフと組み合わせます。
サンプルはDMC25番刺繍糸のColoris(コロリ)の中から4515を選び刺繍しました。
Coloris(コロリ)は4色がひとつに繋がったマルチカラーの25番刺繍糸、
それぞれの束に名前がついています。ちなみに4515はPris(パリ)。
好きなブルーとブラウンのコンビネーション、迷わず手に取りましたが
他にも使いたい束がいくつもあります。



+++
d0113613_15384884.jpg

頼まれものです。
そんな投稿が続いていますね‥‥。
W15×H10×D1cm、サイズ的にはお財布くらいの大きさで
カードが16枚入るカードケースです。



レシピに‥
d0113613_10183541.jpg

コインや印鑑、鍵用の小さなケース‥と最近小作品ばかり作っていました。
すべて1stサンプル、小さなものでも完成までは結構時間がかかりますわ〜
秋から販売する予定のサンプル製作も始まり、またここのところアトリエに籠っています。

きょうは、ヴォーグ学園東京校「ティクロワのクロスステッチ講座」で
受講生の皆様が日々製作されている作品をご紹介します。(今年の春夏の完成作品になります)
暑い夏、針を持つ手も汗ばむ今日この頃ですが、エアコンの効いたお教室で
月に一度お目にかかる皆様と『今年も半年終わったね〜』なんて
おしゃべり&刺繍をしながら7月の講座も終わりました。

⭐︎ティクロワのクロスステッチ講座 10月〜3月(2017年)のお申し込みも始まっています⭐︎



皆様腕を上げられました!
d0113613_920376.jpg

東日本大震災の後、詩集や名言・格言集が書店の目立つ棚に置かれるようになり
それまであまり手に取ることのなかったこういった書籍に触れるようになりました。
心の奥の方に居座った影のようなものを持て余していた
自分を元気づけるためだったのかもしれない。

当時新聞やネットでよく見かけたガンジーの「逆説の十戒」。
言葉の力みたいなものを感じ、とても慰められた。
いま、熊本、大分で被災された人たちに向けてまたこの言葉をおくりたい。

「What you spend years building may be destroyed over night.Build anyway.」
何年もかかって築き上げたものは、一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでも築こうじゃないか。

短いフレーズでうまく刺繍できるようになったら長文にもチャレンジしたい!



写真のお言葉は‥‥
d0113613_14225298.jpg

プチキット「クロスステッチのエンブレム Sampler 01」を額から出して
ヘム仕上げをしました。ちょっとした模様ステッチを入れただけで全体の
雰囲気が変わるものですね!



ヘムステッチ+
d0113613_11361366.jpg

ステッチチャートに登場した丸いモチーフを「rondrond(ロンロン)」と名付け
アイテムに展開してきたシリーズ、ずっと講座用ビギナーズキットとして
紹介してきましたが、ティクロワのShopで先行販売するブックカバーとパースに
関してはビギナーズキットととしては少し刺繍に時間がかかりそうです。
ただ、刺繍布にジャバクロスを使うので比較的カウントが楽にできるということで
クロスステッチの仕方などの詳細はキットには含まれておりません。

ティクロワのShopをご利用くださるクロスステッチビギナーの方は
リネンを使いますが、ブローチキットからお試しくださいね。
そちらのキットにはクロスステッチの図説と写真解説が付いています^^v



久しぶりのジャバクロス