カテゴリ:旅と散歩( 238 )

パリのこと、そんなに多くを語れるほど詳しくはないし、
フランスという国のことも本当のところ、良く知りません。
それでも、ひとりの旅人として訪れたパリの街、まだ、一度しか
訪れたことのないその街に魅了されたままです。
d0113613_1552056.jpg

このパリの地図、9×17cmのポケットサイズ。毎日一緒でした。
旅立つ前にマイ・エリアマップを作り、80%くらいは行くことが
できたように思います。街の旅に関しては、予習好きです。
この「行きたいとこ・ポストイット」マレ地区に集中。
古本屋では泣きました。店ごと欲しい。。。

d0113613_16123852.jpg

これは、クリニャンクールの蚤の市ですが、
たとえば、こんな風に古い瓶が入っているこの木箱。
これごと全部欲しくなるわけですね。

d0113613_1522842.jpg

このアンティークの缶、今は、主にサンクで購入した北欧のリボンや紐入れに
なっています。この缶を見ると悔やまれます。
もっともっと、ゆっくり蚤の市を廻りたかったなぁ..と。背中にカゴ背負って!

d0113613_15323138.jpg

そして、おまけ。DEMELのチョコの空き箱にはリボンを入れています。
DEMELのパッケージ好きです。もちろん、チョコも好きです。

小さなポケットに収まるくらいの私のパリの話ですが
これからも時々、アップしていきたいと思います。
また、千駄ヶ谷ローカルな話です。
「TSUTAYA」といっても、あのDVD・CDのレンタルショップではありません。
「蔦のからまる家」のこと。「蔦家」。。。
少し、前に友人がブログでアップしていたのを思い出し、私も廃屋になった
蔦家アパートを記録に留めたい、という思いで出かけました。
建物のためには、良くないと聞くし、この頃は意図的に植栽として上手に
蔦を絡ませるデザインを施した建物も見かけます。
でも、私が好きなのは、大地と一体化したような植物的な蔦家なのです。

・・・時、すでに遅し、そのアパートは取り壊されていました。残念!

なので、少し、あわててご近所の思い出せる限りの蔦家めぐりをしました。

d0113613_20323848.jpg

d0113613_20325162.jpg

これ、すべて渋谷区・千駄ヶ谷です。
よかった、他の好きな蔦家はまだ、残っていました。

d0113613_2033328.jpg

d0113613_20331236.jpg

人がいるのをあまり見かけない、新宿御苑の千駄ヶ谷門。
それから、圧倒的な威厳を放つ「はり紙禁止」を横目で見ながら
ガードをくぐり、(このガードをくぐる時は必ず、上を見上げます。
緑と黄色に塗られた鉄橋と御苑の木々、空の青が奏でるハーモニーが
私の中では、小さな絶景なんです〜)
そして、国立能楽堂のそばにある
「階段の手すりに少しずつ、くい込んでゆく木の幹」を確認して
約1時間の散歩から戻りました。
梅雨入り前のこの時期、本当に散歩日和ですよ〜♪

そして、お時間がある時、もし皆様のお近くに「蔦家」が存在したなら、
ブログアップしていただけると、とてもうれしいです(^O^)
d0113613_20174022.jpg


外苑西通りに残る、昔の石垣と石の階段をおりると
小さな子供用の遊び場があります。すごく細長くて先が見えない。。。
ある意味、こわいイメージが。。。
子供が遊んでいる所を見た事がないのですが
今日は昼間で明るいので思い切って中に入ってみました。

d0113613_20175049.jpg


やっぱり、誰もいない。
乗り物やベンチもあるけど、さびしいよ〜。。。
そして、なぜか小走りになる私。
奥へ奥へと入っていったら、JRの線路脇の通りへの抜け道になっている
公園でした。やっぱり、不思議な公園。
(暗渠のようです。昔、川があった跡)

d0113613_2018574.jpg


外苑西通りから横にそれると、大京町商店街の通りに出ます。
商店街の先は慶応義塾大学医学部のレトロな建てものが!
いつもの散歩コースですが、好きな通りです。

d0113613_20181599.jpg


そして、千駄ヶ谷方面に戻る通りの向こうに見えるのは、NTTの塔。
国立競技場の前の公園も、今日は半袖姿の人がたくさんいました。
このお天気、しばらく続いてくれるといいですね〜♪
d0113613_20145424.jpg

今日は絶好の散歩日和。
新宿通り、四ッ谷駅前なのに、車少な〜い・・・!
GWというだけではなく、今日は日曜日でお店も定休日の所が多い。
キリスト教のグッズのお店、「ドン・ボスコ」は開いていました。
マリアさま像やクリスマスカードなどめずらしい物があります。
そして、大京町商店街の曲がり角の空き地。
ここは、先日まで、前にあったビルが取り壊された後、
突然、「発掘現場」の立て札がたてられて覆われていた所。
中で何が行われているのか、とても興味をそそられた場所です。
でも、もう終わったらしい。

d0113613_20152479.jpg

外苑西通りを千駄ヶ谷に向かっていくと「野口英世記念会館」
があります。ちかくにある「グリル・SAKURANBO」、
一度入りたいお店です。今日も営業していました。

d0113613_2016588.jpg

「新宿御苑」の千駄ヶ谷門と大木戸門の間の門。。。
開いているのを見た事ないですが、
きっとお客様用の大事な門なのでしょうね。

d0113613_2016269.jpg

私は、ここの石の壁の隙間から公園の中を覗くのが好きです。
公園の中に入らなくても四季折々の景色を楽しるから・・・。
お手軽でしょ!今日は公園の中も人が少ないなぁ。
お昼寝している人が遠くにいました。
d0113613_19581627.jpg


大江戸線の都庁前でおりて地上に出ると、こんな空でした。
傘を持った人やブーツをはいた女性が目の前を通り過ぎます。
・・・また、今日も雨になりそう。

前にNYでも今日と同じように空を見上げたことを思い出しました。
とてもとても自分の存在を小さく感じたことも・・・。
155cmなので、たしかに身長も低いのですが、NYの建築物や、
部屋や家具の大きさ、食べ物の量まで。。。
自分が子供のような気がしてなりませんでした。
大きなものに囲まれる一種の圧迫感や不安を
今日のこの光景を見て思い出したのです。
法律が改正され、東京は今以上に高い建築物でいっぱいになることでしょう。
不安や怖さを感じるのは私だけなのかな・・・?

でも、そんな不安もこれで解決♪
d0113613_19392661.jpg


明治通りの工事中の喧噪をさけるために、裏通りに入ると
少しさびしい小さな通りに出ます。
左手にJRの電車が通り、昼間でも北参道横の信号にぶつかるまで
人通りのない時があります。
下を見て歩いていると、道の端っこに「クロス」発見。「プラス」かな?
何のためのマークかわかりませんが等間隔でポツンポツンと並んでいました。
そして、突然、「昭和の垣根」が登場。ご近所の方の日本式ガーデニング?
ぼけの花がみごとに垣根にからまり、
その向こうには菜の花が春風に揺れていました。
d0113613_19125019.jpg


東横線の都立大学駅から少し歩いたところにある雑貨屋さんまで出かけました。
前に都立大学があった場所には、今は目黒区民キャンパスという施設ができていました。
図書館や体育館やセレモニーホールまであるんですね。
そんな目黒区民キャンパスを左に見ながら柿の木坂をのぼる途中で井戸を発見。
近所の方たちはこの井戸を利用されているのでしょうか?
樽の水面には春風にとばされた椿の花びらが浮かび、薄曇りの空を映していました。
d0113613_19114435.jpg


2月の終わり頃になると美しい黄色の花を咲かせます。
借景ですが前を通る度に本当にうっとりいたします。
今日は、小雨模様の春寒の一日になりそうですが、このミモザがしっかりと春の訪れを
告げています。
春の花シリーズということでステッチチャートにしてみようと思い、
写真を撮らせていただきました。
そのミモザの向こうは、地下鉄工事中の明治通り。来年の夏には13号線が開通して、
ここ千駄ヶ谷にも新しい駅ができます。
JR千駄ヶ谷駅、大江戸線国立競技場駅、JR原宿駅、千代田線明治神宮前駅、
銀座線外苑前駅・・・とどの駅に出るにも15分くらいは歩くエリアに誕生する新しい駅。
なんだか便利になりすぎるような気もします。