<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0113613_15414223.jpg

フリペ=「Free Paper」...ティクロワもフリペを作りたい!
何処に置いてどなたのお手元に届くのか...今はまだナゾですが^^

90年代、私にとってのフリペとは、この「Dictionary」。
探し物をしていたら封筒に入ったこの2冊が出てきましたよ〜
かびくさいです(;-_-+
立花ハジメ氏ADC賞受賞...なんて記事が!
時代を感じるのであ〜る(笑)
ミュージシャンにしてアートディレクター!なんてステキなの☆
プラスティックスは今はもう活動していないのかなぁ。。。

そして、今の私が楽しみにしているフリペは...

d0113613_15553835.jpg
d0113613_15555614.jpg

全て東京メトロ発行のフリペです。
別に東京メトロの回し者ではありませんが、カフェとかに置いてある
文字の小さいブックレットタイプは苦手です(笑)

この中では「GOLDEN min.」が特に好きです。内容が濃い。
それを友人に言うと「あれはねえ、団塊がターゲットだよ」(^o^;
ワタクシ、団塊世代よりは後輩ですが...まぁ、いいか!
地下鉄の駅に置いてありますが
これが発行日をきちんと把握していないということもあり
毎号は手に入れられないのです。
「GOLDEN min.」はアッと言う間になくなります。

もし、お目にとまったらチャンス!ぜひ読んでみてね♪
d0113613_1536124.jpg

ティクロワからの「クロスステッチのススメ」。
はじめてクロスステッチをされるなら、美しい仕上げのために知っておくと
便利なことがまとめてあります。
こちらは、キットにセットしたクロスステッチの解説書です。

1.糸を「×」・・・「クロス」に「ステッチ」します。
2.はじめての練習は大きな布目の布地を選びましょう。
3.布目をカウントしてみましょう。
4.選んだ布地と針と糸のバランスを考えましょう。
5.横にステッチしてみましょう。
6.縦にステッチしてみましょう。
7.斜めにステッチしてみましょう。

ティクロワのHPのひきだし1にアップしました。
「ティクロワ☆tip☆」と合わせて、ご参考にどうぞ!
d0113613_13254948.jpg
雨にかわったかと思うとまた雪になる...。終日こんなお天気かな。
こんな日は、あのあたたかい温室にまた行きたくなります..。.:*・゜

今日は月曜日にアップした植物園の続きです。

d0113613_13261736.jpg

あの日は晴天。でも相当に寒かった。

d0113613_13264537.jpg

ところが温室の内に入った途端に、南国の空港に降り立った
瞬間のようなボワ〜ンとした生暖かい空気にふれ、一気に毛穴がゆるんじゃう
そんな感じ♪

d0113613_13272845.jpg
d0113613_13282871.jpg
d0113613_13291527.jpg
温室のレイアウトなんてそう簡単に変えられるわけもないのだけれど
行く度にちがう植物が心に残るものです。なので何度来ても飽きない。

d0113613_133366.jpg
小指の先くらいの小さな小さな「イオノシジウム ミスティ・ピンキー」.:♪*
豪華なカトレアの横で見つけました。


ティクロワの続・写真帖に外の景色をアップしました☆
冬のイメージで素粒子フィルム風にアレンジしてみました。

そしてお約束の白黒ポラ...
d0113613_1645623.jpg

久しぶりに230ランドカメラを使いました。
外に持ち出したのは、はじめてでホッカイロをカメラ本体に
貼付けて抱きしめながら歩きました。
埼玉県川口市立グリーンセンターです。
子供の頃から時々来る私の大好きな植物園。
この写真は大集会堂、芝生には暖かくなると人がごろごろころがっています。
真冬のこの日は、さすがに人っ子一人いませんでした^^

特に温室が好きです...
d0113613_18463087.jpg
●リネン糸
写真中の青と黄の糸はしつけ糸です。しつけ糸もマークやほつれ止めに
なくてはならない糸。
一番手前はナチュラルカラーのリネン糸。他の白糸はホワイトワークや
作品の仕上げに使う様々な太さのリネン糸です。

...こんな内容のクロスステッチをはじめる前に知っておくと便利なことを
まとめた「ティクロワ☆tip☆」をHPのコンテンツに追加しました。

●クロスステッチ針のこと
●刺繍糸のこと
●リネン糸
●1本どり..2本どり..とは?
●糸通しの使い方
●リネンのカウントについて

ティクロワのHP☆ひきだし1☆に入っています。ご参考にどうぞ
「ティクロワ☆tip☆」今後も追加していきます。
d0113613_19125984.jpgd0113613_1912451.jpg

昨年、ブログメイトのpetit bonheurのmidoriさんのクリプレに当選しました058.gif
ご紹介が遅れたのは、クリスマスに間に合うように送ってくださったのに
年末の郵便事情のためか、先週、私の手元に無事に到着。
「おかしいね〜?」なんて何度かメールのやりとりを繰り返し、
友情が深まった感もあり(笑)本当にうれしいプレゼントになりました♡
丁寧に作られたグラニーバッグとくるみのピンクッションとオーナメント。
オーナメントには、小さな小さなクロスステッチが...カワイイ〜♪
本当にありがとうございました。

そして、もうひとつのサプライズ058.gif
昨年の11月にブログメイトa seasonのti-kiさんのページから飛んで行った
「FM FESTIVAL RADIO AWARD IN JAPAN LIFE MUSIC2007」の企画で
ti-kiさんのお友だちのインディーズバンドに投票したら
今度はノミネートプレゼントに当選しました!

d0113613_19352837.jpg
ミュージックギフトカード3000円分です。これも先週私のところへ♡

私、いまは「大殺界」...。
こういった、うれしいサプライズがあると心の底からホッとできます♪

来月には、このブログも一周年を迎えます。
そろそろアニバーサリープレゼントの企画に入ろうと思っています☆
準備ができしだいお知らせいたしますので
その時には、みなさま、お気軽に参加してくださいネ^^v
d0113613_15413480.jpg
左から
ルーマニアのリネン、mujiのキットのリネン、生地屋さんのリネンと
リネンガーゼ、fogのリネン...そして、ハートのクロスステッチで
使っているのはデンマークのステッチ用麻布(10目/1cm)。

クロスステッチは専用の布を使わなくても、カウントができれば
どんな布にもステッチができます。
身のまわりにあるリネンにイニシャルやポイントステッチを入れると
その楽しみが広がります。

リネンのカウントは、慣れるまでは目がチカチカしてちょっとたいへん@@
でもたくさんステッチしていくうちにコツがつかめてきます。
生地屋さんでは、よ〜く布を見つめてくださいね。
自分でステッチができそうな布目の大きさのリネンを選んで購入し
雑貨作りやクロスステッチをお楽しみください♪

では、カウントしてみましょう...
d0113613_12403786.jpg

すごいもの観てしまいました...。
英国エンブロイダラーギルドのトップアーティストのおひとりである
ハイジ・ジェンキンス女史のヨーロッパの古典的な刺繍研究の中から
古典手法を現代に甦らせた作品100点あまり。
彼女の本の装丁に興味を持ち楽しみにしていましたが
まぁ〜たくさんの作品が...! 圧倒されました。
創作のための下絵というかマップも展示されているのですが
私はそのマップのコラージュにとても興味をそそられました。
作品にいたるまでの「手の内」を惜しげもなく公開してしまう
太っ腹な心意気には女史の人柄とアーティストマインドの洗礼を
受けたような気がしたのです。

作品すべてに強烈な巧みの技巧とオリジナリティーを
見る事が出来ますが
私はテネリーフレース(上の写真の左から2番目)とスタンプワーク
で作られた白い昆虫にと〜っても魅せられました。

ー究極の刺繍ーゴールドワークとビーズ展

同時開催されている「ウイリアム・モリスの花々展」では
テントステッチの物販も。そちらも素敵です。
しかし、私はまったく関係のないイタリア製のはさみと
(メジャーテープのレリーフケースはペンダント仕様)
スワンの針山ピューターを購入。
d0113613_1353436.jpg
d0113613_1355169.jpg
さぁ〜鋭気をいただいたので今年も頑張ります!


TICROIXRから☆ティクロワのアトリエ ちょこっと更新しました☆
d0113613_122293.jpg
ここは5区にあるヨーロッパでも有数の植物園。
イギリス式庭園のガーデニングを学んだ友人のお勧めの場所。
はじめはパリまで来てなんで植物園なんだ?...と思いましたが、この旅では訪れる
ことのできなかったベルサイユ宮殿に想いを馳せながらこの眺めを楽しみました。
園内には自然史博物館、鉱物博物館、動物園などがあります。
d0113613_1226134.jpg
d0113613_1226513.jpg
赤や黄、紫、そして緑も太陽光線の違いからだと思いますが
日本で感じる色とは明らかに違っていました。
印刷用に「フランスの伝統色」というカラーチップがあり、
各色に付けられた美しいネーミングを感慨深く思い返したりしました。

上の写真の赤い花色なら[Corail]コライユ/珊瑚色、黄の花色は[Jaune jonquille]
ジョーヌ・ジョンキーユ/黄水仙の色、
そして紫の花色は[Bleu royal]ブルー・ロワイヤル/フランス王政時代のブルー。
...と、こんな色の名前が付けられています。

そして、こんな行進も...
d0113613_14553734.jpg
2008年がはじまりました。
TICROIXRのカードで新年のご挨拶です。

今年は元旦から事始めということでステッチをしてみました。
お教室の作品が12月はほとんど手つかずだったので
とても静かな、ゆったりとした時間を過ごせる
お正月休みにここぞとばかり進めることができました。
また作品が仕上がったらブログにアップしますね^^v

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Mujiのキットでステッチ...