<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

まつめさんのところでカワイイ〜スクラップ帳の中を見せていただき、
クロススケッチもスクラップブックをアップしてみましたよ☆

d0113613_1452616.jpg

スクラップブックの大堂「KOKUYO ラ-44」...地味でした^^;
しかし、ノートというノートにペタッ!があります。これ職業病?
memoも書き添えたりして...でも後で見るとなんのために、これ貼ったんだろう?
と自分に問いかけることも。。。
2005年の朝日の刺繍の記事はティクロワの資料です。

d0113613_15135849.jpg

最近のペタッ!は、サンケイ”カメラ散歩”・「雑司ヶ谷旧宣教師館」の記事と
読売日曜版”THEヒットチャート”・MYスタイルのサンク・プリュスの商品を
川島蓉子氏が紹介している記事。

d0113613_15252144.jpg

そして貼りたくても貼れない紙ものはざくっとmujiのBoxに入っています。
カタログ・ショップカード・リーフレット・ポストカード...
毎年、中身を入れ替えますが、好きなものは5年くらいこの宝箱に
残されます。展示会でいただいた2007WEDGWOODのコンセプトシートは
ちょっとした写真集のよう!オマケもあなどれない時代です♪


そして、ついでにご紹介するには失礼かもしれませんが
スクラップといえば...

d0113613_15395637.jpg

アウトサイダーアートということばは、この人のためにある...と
信じて疑わないヘンリー・ダーガーの写真集。
スクラップブックではなく、「スクラップルーム」にみえるかもしれない。
没後に発見された貴重な作品や資料の山々を残した彼の部屋。
81才で亡くなるまでの人生の後半40年を過ごしたというその部屋
そのものがアート作品にみえる。これは、ヘンリー・ダーガーの
作品ではなく、その作品を生み出した部屋を写した写真集。
「部屋」の写真をみてこんな感動を憶えたのは、この写真集が
はじめてかもしれません。
なんてことのない工事現場の囲い。

d0113613_16142476.jpg

d0113613_1615447.jpg

d0113613_16155941.jpg

d0113613_16162467.jpg

d0113613_16164225.jpg

錆び、色落ち、刷毛むら、傷....こんなストライプ大好物です。。。
クロスステッチのステッチチャートを作るためのフリーソフトというものも
あるようですが、ほとんど場合、Macには対応していません。
なので普段はどのように写真からステッチチャートのシミュレーションを
するかというと"photoshop"のフィルタを使用しています。

d0113613_1773045.jpg

これは、小石川の植物園で撮影した「カマツカ」という小さな花です。
クローズアップすると、とてもおもしろいつくりの小花で
こういうのを見るとステッチしたらどうなるんだろう〜?と思うわけです。


photoshop...フィルタの...
d0113613_14323050.jpg
こんな本を見かけたら、またしても気分はPARIS。
さすがに私が行ってから時が経ち、PARIS写真の鮮度も落ちてまいりました...。
今、行くと確実に違う風景だろうな〜と思えるのもののひとつに
"メトロ"の広告があります。

d0113613_14331628.jpg
d0113613_14333069.jpg

正直、なんの先入観も持たず東京の地下鉄に乗るような気分でいたら
なんなんでしょ〜。PARISのメトロはちがっていた。

d0113613_1434796.jpg


駅ごとにプラットホームや構内に特色があるんですね!
(東京でも大江戸線の各駅は「お江戸デザイン」な工夫がされていますが...)

d0113613_1434571.jpg

タイルのよるモザイクもあります。

しかも壁にある広告やサインのなんとグラフィカルなこと!

d0113613_14362795.jpg
d0113613_14364428.jpg
d0113613_1437643.jpg
美しいカラーリングとレイアウト!
あまり期待せずに訪れた街でこの喜びは大きかったなぁ。


そして...
d0113613_19313512.jpg

メイキングも写真に撮りました。今週中には巾着の最後の仕上げを作図と
ともにティクロワのHPに掲載します。(...予告ばかり...^^;)
説明写真がわかりやすいように花糸でヘムステッチをしていますが
リネンが32カウント(10cmに120目)のため少し糸が太すぎました。
90番の麻糸など細めの糸で仕上げることをおすすめします。
(麻糸をお持ちでなければ細めの木綿糸などお手持ちの糸でお試しくださいネ。)

そして22日(木)ついにすご〜い長文となりましたが
「ヘムステッチ仕立ての巾着」ステッチのしかたを全てアップしました。
ひきだし1 の「いろいろステッチ」に「ヘムステッチ01」の続き、「ヘムステッチ02」「ヘムステッチ03」「コの字とじ」です☆

それから20日発売の『カメラ日和 vol.19』で
いつもお世話になっているWeb写真サービス(プチ&カメピ...)の方々が座談会を
されています。早速買って読んじゃいました〜!

d0113613_19433811.jpg
Photoback などのサービスで、自分だけの写真集もずいぶん手軽に
作る事ができるようになりました。
ティクロワも今、図案集を製作中!今回はハンドメイドですが
こういうサービスも利用して何か新しいものも作りたいなぁ〜♪

よく読むと「excite」の記事も載っていました。

アイロン前よ〜
夏のように晴れた日曜日の午後、友人Aちゃんとやねせん(谷中・根津・千駄木)
散歩に出かけました。
まず、文京区弥生にある「竹久夢二美術館」へ。

d0113613_16184793.jpg

d0113613_1619922.jpg


私は夢二の美人画より、港屋で売られた千代紙や封筒の絵、それに
雑誌デザイン、広告などの仕事が好きで、その展示をとても楽しみにしていました。
いつも書籍で見ているので原画や印刷指示書(印刷を依頼する時に
決まり事や自分の希望を書く)まで展示されていたことにいたく感動!
昔の印刷技術ですから、原画では金色のところが印刷物では茶色なんてことも...。
多分そんなことの連続、さぞ、夢二もはがゆい思いをしただろうなぁ〜。


d0113613_16372890.jpg
d0113613_16374640.jpg

そしてこちらのショップでは、桐生絵画織りの「蔓草」ブックカバー
と絵はがき、手前から「手製半襟の図案」「桜草」「家族双六」、そして
夢二モチーフのスタンプを購入しましたよ♪
大正ロマンの美人画家の代表のような夢二。49年の生涯の多くの仕事と
恋愛遍歴も展示されたこの美術館は、併設された弥生美術館と供に
かなり見応えがあり楽しめます。(あの頃のサブカル好きにもオススメ!)

d0113613_1765270.jpg
そして美術館の外には港屋があります。こちらはカフェですが^^

そして目指すは東京芸大...
ご質問いただいた「走る犬」の糸の運びに関して
ご説明させていただきます。3月のティクロワのショップで
ニードルブックのキットをお買い上げくださったお客様から
のメールでのご質問にお答えしたときの画像を使っています。

d0113613_11434576.jpg
d0113613_11482687.jpg

a...ひとつおきにステッチを進めるときの針の運び方の
バリエーションです。(裏側が横に糸が渡る)
裏側がシンプルなのでこちらの方法でステッチする人もいる。

b...できあがったステッチから、犬のステッチを足の方からはじめる。

c...できあがったステッチに糸を渡し次の犬に移る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ひとつおきにステッチをする」場合の針の運びのバリエーションと
説明がひとつになっていますが、おわかりいただけたでしょうか?

ラインを先にステッチして、そのラインから犬を立ち上げていく
という方法だとあまり表にひびかない仕上がりになると思います。
お試しくださいね☆
d0113613_202187.jpg
dangobongoさんの「9個のミニハウス*クロスステッチフリーチャート」で
クロスステッチが終ったブルーのリネンのフレームをヘムステッチで仕立てます。
図説はティクロワのひきだし1 の「いろいろステッチ」に掲載しました。
合わせてご参考にどうぞ☆

d0113613_2043092.jpg
はじめに横糸を9本のところへマークを付けます。
折る時にまがらないように何カ所が付けてくださいね。

d0113613_2085734.jpg
リネンを裏側にしてマークのところを折たたんでください。

d0113613_201034100.jpg
また表に返して、折りたたんだところからさらに横糸10本目に
マークをつけてください。三つ折りにしますよ〜。


そして...
d0113613_13454423.jpg
d0113613_1346585.jpg黒ブタのクロスステッチと
裏側には花モチーフをあしらいました。
仕上げ方は...図説をティクロワのHPに
掲載予定です。

************************************

そして、ミニハウスのクロスステッチは、こちらのフリーチャートです。

d0113613_13475433.jpg
dangobongo NOTE「9個のミニハウス*クロスステッチフリーチャート」。

ブルー、グレーの屋根のアレンジでステッチしました。
ダンゴボさん、ありがとうございます〜\(^^)/楽しい図案だったぁ!

このブルーのリネンのフレームを使って「ヘムステッチ」の説明を
させていただこうと思っています。アイテムは巾着に仕上げます。
準備ができしだい、ティクロワのHPに掲載しますネ♪
d0113613_14185829.jpg

GWの5日、曇り空の下、都内をドライブしました。
ここは小石川にある「東京大学大学院理学系研究所付属植物園」。
「ハンカチノキ」を観に行きました。

d0113613_14194061.jpg
思ったより園内は広い。

d0113613_1420126.jpg
事務局もなかなか素敵な洋館です。

d0113613_14212644.jpg
ありました。ハンカチノキ。
葉の間にたしかにハンカチのようにがひらひら〜と。

d0113613_14223877.jpg
足下にはこのようにハンカチがたくさん落ちています。(落ち葉)

d0113613_14232594.jpg
ハンカチノキの名前のもととなった2枚の白いものは花を飾る
特殊化した「葉」なんだそうです。ちょこっと写っている中心にある
球状のものが花弁のない小さな花の集まりだそうです。

さすがに研究所の植物園だけあり、初めて目にする植物がたくさんあり
見応えのある植物園でした。必ず植物には名札が付いているのですごくいい〜♪

めずらしい植物...