<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

205号室 松本春崇

d0113613_18403981.jpg

d0113613_1843350.jpg


d0113613_18432321.jpg

d0113613_18434622.jpg

大使館宿舎移動の際に残された物を使いインスタレーションしている。

204号室 三宅信太郎

d0113613_18355718.jpg

d0113613_18362263.jpg


d0113613_1837074.jpg

d0113613_18371535.jpg


d0113613_18374191.jpg

203号室 寺田真由美

d0113613_18304475.jpg

d0113613_1831028.jpg


d0113613_18312480.jpg

d0113613_17435839.jpg

青木坂方向から見上げた旧フランス大使館。
2月18日まで延長が決まったアートイベント「No Man's Land」 。
サブタイトルは『創造と破壊@フランス大使館ー最初で最後の一般公開』。

d0113613_1747579.jpg


1950年代、ジョゼフ・ベルモンがこの大使館の建築に携わったとき
まだ26才だったらしい。東京におけるモダン建築の見本のような存在。
とにかくカッコイイ!建物だと思う。

d0113613_17533025.jpg

東京メトロ広尾駅から人の流れについて行けばフランス大使館に
自然に到着します。それほど盛況なアートイベント。入場無料。

d0113613_17563063.jpg

日本人、フランス人、日本在住、フランス在住のアーティスト
70人が旧大使館の事務室や廊下、踊り場、また別館も含め様々な
作品展示をしています。

d0113613_1832944.jpg


いきなり桜の木が縛られてる。。。

d0113613_185537.jpg

私の目的はエールフランスの社員たちによるクロスステッチのキルト。

d0113613_1895543.jpg

客室乗務員、地上職員、パイロットまで参加したこのプロジェクト。
アジア各国のさまざまな思い出を作品にしてあります。南仏で丁寧に
仕上げられたキルト、額縁にはアジア各国の布があしらわれています。
ちょっとゆがんでいる感じがすごい手作り感がある。しかも
一生懸命さも伝わってきて観ている人の笑顔を誘う!

とにかくひたすら並んだ小部屋には驚く量のインスタレーション。
一通りのぞこうと頑張りましたがダメでしたぁ。。。疲れちゃって^^;
後で振り返ってみると最初に見た
203号室、204号室、205号室が印象深い。3人とも日本人のアーティスト。
フランス人アーティストにも2人お気に入りの作品を見つけました。

では、この後のエントリーは作家名と写真だけでレポートを
お送りします。



クロスステッチをもう少し☆
d0113613_17261349.jpg

快晴の日曜日。まさに散歩日和。

d0113613_17283019.jpg


真昼の月を見上げながら歩いた。

d0113613_17293149.jpg

元気のいい枯草。

d0113613_17301244.jpg


ぼんやりしていたら道に迷い目的地が遠ざかる。

d0113613_17322732.jpg

やっと到着。。。川口市・源長寺。

d0113613_1733126.jpg


梅の木々をバックに涅槃像。

d0113613_17334078.jpg

川口市の保存樹木に認定されたヒマラヤスギ。

d0113613_17383191.jpg


陽あたりのよい枝に少しだけ咲いていた白梅。

d0113613_17392939.jpg

紅梅も1本だけ花をつけていた。

d0113613_17425510.jpg


小さな梅園の外にはロウバイ。

d0113613_17412569.jpg

帰り道で見つけたローズマリーにも小さな花が。

d0113613_17443345.jpg


魚柳梅・マヌカ。

d0113613_17452948.jpg

とても大きく育ち、たくさんの花をつけていた。

d0113613_170018.jpg

キルトのダーラナホースは斉藤謠子先生のブースで見つけました。
「ようこそ!マイルーム」という企画ブース、テーマは「スウェーデンの春」。

d0113613_1775017.jpg

お部屋全体がほっこりしていました。

d0113613_17124543.jpg

今年のキルトフェスティバルはなんとなく点数が少ない気がしました。
アメリカ、アレンタウン美術館作品40点中、一番興味をそそられたのは
キルトではなくステッチサンプラー。
やっぱりこの規模のフェスティバル、毎年開催はきついのかなぁ。。。


「ようこそ!マイルーム」林アメリーさんのブースは古い着物を
使ったコギレキルトでさまざまな演出がなされていました。

d0113613_17235827.jpg
d0113613_17242123.jpg

このプレイスマットとティーセットの設えは素敵でした。

お気に入りの写真はこれで終わりですぅ。。。

雄鶏社があんなことになり刺繍フェスはもう開催されないのでしょうか(ρ_-)



メモリアルステッチ進行中☆
d0113613_14191066.jpg

JR渋谷駅新南口改札前にあります。埼京線のホームの方。
コンセプトは現代版昔の喫茶店。薄暗くタバコの煙が立ち上る‥‥ではなく
明るい分煙ラウンジ的空間。

d0113613_1422526.jpg

お顔マークのように笑顔になっちゃう、おいしい珈琲は
サイフォンで入れる本格派。昨今のシアトル系に慣れた舌には懐かしい味。

d0113613_14272021.jpg


ネーミングがおもしろい、バランス系ブレンドをいただきました。
サイフォンだから量が多い。香りもよくブラックでもぐびぐび飲める?おいしさ♪

d0113613_14282156.jpg

ついでに塩バターとメイプルのワッフルも(@゜▽゜@)

d0113613_142859100.jpg

店内に流れるジャズの音量も心地よく考え事するのにもいい空間でした。


ティクロワのメール「liaison@ticroixr.com」に不具合があり
ただ今メンテナンス中です。
現在受信できない状態が続いています。
お問い合わせ等は下記のメールアドレスをご利用くださいませ。

ticroixr@br.petit.cc

メンテナンスが終了ししだいお知らせいたします。

クロススケッチ
d0113613_13162732.jpg

木曜日にプレゼンするメモリアル・ステッチが完成しました。
お友だちのイニシャルはクロスステッチで、ボーダーはドロンワークです。


d0113613_13185985.jpg

ステッチは3目のReeded stitch。

d0113613_13191794.jpg

裏はクロスステッチで「PARIS」。

d0113613_1319553.jpg

サシェの口はピコット、サイドはヘムステッチとコの字とじで仕上げました。
お友だちのイメージでデザインしたこのサシェにお好きな香りを入れて
楽しんでいただきたいな☆

d0113613_13262124.jpg

参考書です^^v

d0113613_13265118.jpg

この本からもいろいろとインスパイアをいただいています。


後輩Dは神戸出身。
震災で友人を失った。大学進学をあきらめた人もいたらしい。
その頃の事をあまり考えたくないと話していた。
思い出すと胸が苦しくなるとも言っていた。
後輩Dとこんな話をしたのは震災10年後の今から5年前くらい。

夕べNHKの「その街のこども」という特集ドラマを観た。
ミカ(サトエリ)が震災で亡くした幼なじみ・ゆっちのお父さんに会い、
マンションから泣きながら出てくる。その後ろでマンションの
ベランダからミカに手を振りながらたたずむゆっちのお父さん。
その シーンで号泣してしまった。

そして後輩Dの事を思い出した。今頃どこで何をしているやら。。。

たくさんの人たちの未来を奪った大震災。先週はハイチでも。
地球がカンカンに怒っているような気がする。
他人ごとではない。地球が怒るとこわい。
明日はどこに拳骨がふり落とされるのか誰にもわからない。