<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

d0113613_7251691.jpg

春から社会人になった姪からの贈り物。Maduの切子グラスです。
初任給でプレゼントしてくれました♪

夏になり、就職してから本人の話をやっとゆっくり聞くことができた。
就活も、この時代本当にたいへんだ。
せっかく入社した会社なのでしっかりお勤めしてほしいと願うだけ。
そんな心配はよそに、本人はとても楽しそうで、オツボネさまにもけっこう
可愛がられている様子。同期入社の友人たちとも仲良くしているみたい。
よかった〜!残るはもう一人の姪の就職だ。。大丈夫かな?

姪のことでもこうなんだから
これ、本当の親だったらもっと心配なんだよね?

ところでオツボネって何歳かと思ったら35才だって。。
若くないですか^^;女盛りだよ。オツボネにも頑張ってもらいたい!


d0113613_6483085.jpg

サロンの帰り道で寄った「バーンロムサイ展」。
少し前と違って、もう日本も亜熱帯といってもおかしくない気候。
同じアジア、それもタイで作られた雑貨は素材を触っただけでしっくりくるものです。
「バーンロムサイ」はタイ・チェンマイ市にあるHIV感染孤児の生活施設で
子ども達の未来のために将来の自立を目指した物作りを行っている。

ファスナーチャームにこだわりを感じるシースーとチャリティベアです。
チャリティベアは本体をタイでつくりデコレーションは日本人の
スタッフに手によるものだそうです。ベアの顔を刺繍できる人はひとり
しかいないらしい。顔って刺繍している人の一柄が出ちゃうのかな?
9月2日まで開催しています。

Art+stellas 器物屋
http://news.artstellas-douguya.com/



d0113613_14255131.jpg

夏のサロンもホワイトワークの方が多く、テーブルの上は涼しげでした。
ほっと一息ついたら、カウント‥‥ランチを終えたらカウント‥‥そして刺繍。
私も久しぶりにドロンワークを楽しみました^^
カフェカーテンの新作や秋に向けてキャンパスワークなど
サロンオーナーの作品の数々に
皆さんと一緒に今回もやる気をいただき帰って参りました。



+++
d0113613_133128.jpg

ステッチキット/プチ・サック「Tree of Life」

ファーストサンプルは白+1色のクロスステッチ。
セカンドサンプルでは2色のアンティークカラーを選んで刺繍し
どちらかを選びキットにする予定です。
刺繍布はキャンペーンプレゼントのときにとても刺繍しやすかった
10目/1cmのスイスリネンを使っています。

9月のワークショップではこちらのキットを使い、皆さまとご一緒に
クロスステッチを楽しむ予定です☆

発売までもう少し、お待ちくださいませ。



ステッチチャートは‥‥
d0113613_12261014.jpg

『処暑とは、暑さが止み、新涼が間近い日、8月24日頃に当る』
本当でしょうか‥‥まだまだアツイですよね〜。。

そんな中、秋のワークショップのお知らせです。

ティクロワの「クロスステッチの会」、
神宮前区民会館では3年ぶり。広いお部屋でゆったり半日を過ごした前回とは
ちがい、今回は少人数でいっぱいいっぱいとなる小集会場。
(そこしか空きがなかったもので‥‥)
今回は午前中からスタートして夕方までみっちり刺繍しますよ〜^^v

満席になりました(8/29)



More
d0113613_13295449.jpg

映画「リンカーン弁護士」を観てきました。
原作を読みながら描いていたイメージ通りの映画で音楽もよかったです。
やっぱり夏はミステリーだね〜☆しかも極上のサスペンスもの!

写真は続編のマイクル・コナリー著「真鍮の評決・リンカーン弁護士」。
映画も続編が決まり、今度は刑事ハリー・ボッシュ役を演じるのは誰か、
気になるところですなぁ。



ラストを知っているというのは‥‥
d0113613_16183110.jpg

キンポウゲ科のシュウメイギク。秋に菊に似た花を咲かせるから
その名がついた。花びらに見える部分はすべてガク片である。
庭にはケイトウも咲きはじめた。秋が少しづつ近づいてきました。

残暑お見舞い申し上げます。

20日までブログをお休みいたします。
ティクロワのホームページ及びShopは運営しています☆



d0113613_1536278.jpg

『2012 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』開催中の(8月12日まで)
赤塚にある板橋区立美術館へ行ってきました。

いつも同じことを言っていますが、やはり、原画が最高〜!

特別展示は台湾のペイジ・チューが新たな解釈で描いた
アンデルセンの「鉛の兵隊」。ぐっときました。
感想は、後日ホームページに書きます。

たくさんの入賞作の中には、これは本当に子ども向けの絵本?と思えるような表現も。
しかし、ペイジ・チューの師匠であるチョン・ミンチン先生は言った。
「子どもをあなどってはいけない」
そうかもしれない。
子どもは子どもなりにどんな表現の中からでも
その物語を読み解く力を持っているんだよね、きっと。

ポストカード 上から
Emily Rand イギリス 「犬の一日」
刀根里衣 日本 「まほうつかいうさぎと100のコーヒー」
Leire Salaberria スペイン 「愛の種」




のだよしこさんのイラスト
d0113613_14353741.jpg

立秋とはいえまだ暑い盛りの8月のはじめ頃になると
毎年決まってオナカをこわす。
今年は7月の20日過ぎから本当に暑くなり
いけないと思いつつも冷たいものをたくさん飲んでしまった。。

そんなある日、熱い紅茶をいただいたのをきっかけに
すっかり調子が良くなりました。

いまはその日の気分で茶葉をいろいろブレンドして
熱いままだったり、冷やしたりしていただいています。
そうそう、アクセントに
マイハーブガーデンからレモンバーベナやミントをつまんでね^^



アイスもがまんだ!
d0113613_1244215.jpg

花や野菜の名前がついたタグをいつもどこかへ放っちゃう母。
そのときは、もう知っているからいいと思うみたい。
でも年々大事なことも忘れるんだから、草花の名前なんか
憶えていられるわけがない。
もの忘れ‥‥ひとごとで済まされないところがちょっと切ない。。

実つきがよく甘くておいしい、家庭菜園向きなミニトマト。
「イエローキャロル」という名前のようです☆

もぎたてをチャチャッと洗ってかじったり
ちょっと冷やしたり、フルーツ感覚でいただいています。