<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0113613_14225298.jpg

プチキット「クロスステッチのエンブレム Sampler 01」を額から出して
ヘム仕上げをしました。ちょっとした模様ステッチを入れただけで全体の
雰囲気が変わるものですね!



ヘムステッチ+
d0113613_11361366.jpg

ステッチチャートに登場した丸いモチーフを「rondrond(ロンロン)」と名付け
アイテムに展開してきたシリーズ、ずっと講座用ビギナーズキットとして
紹介してきましたが、ティクロワのShopで先行販売するブックカバーとパースに
関してはビギナーズキットととしては少し刺繍に時間がかかりそうです。
ただ、刺繍布にジャバクロスを使うので比較的カウントが楽にできるということで
クロスステッチの仕方などの詳細はキットには含まれておりません。

ティクロワのShopをご利用くださるクロスステッチビギナーの方は
リネンを使いますが、ブローチキットからお試しくださいね。
そちらのキットにはクロスステッチの図説と写真解説が付いています^^v



久しぶりのジャバクロス
阪神大震災、東日本大震災そして今回の熊本地震。
災害大国と言われるこの国でどうやって明日への備えをしていけばよいのか
戸惑うことしきりです。

今まで関東での被災に備え、家で食べ物や日用品を備蓄してみたり
外出時には災害時帰宅地図を持参したりとその程度のことしかしていません。

頭のどこかで「家」が無事である前提でしか考えていない自分がいる。

今回の熊本地震の揺れ方はかつての関東大震災に似ているようにも思える。
どれを本震としてどれが余震だったのか、それすら正確に言えるのは被災した後の話。
関東大震災は1923年9月1日11:58 M7.9(本震)〜12:48までにM7クラスの余震が3回
起きている。翌日の9月2日までを含めると合計5回になる。
ある物理学者は2度目の余震の方にびっくりさせられたという記事を読んだ。

今後のことは気象庁も予測できないという。

やはりこんな時、義援金を送ることしか思いつかないけれど
「明日は我が身」という気持ちで気を引き締め毎日を過ごそうと思います。

九州で地震災害に遭われている方へ心よりお見舞い申し上げます。


d0113613_12235840.jpg

講座用のビギナーズキット『rondrond(ロンロン)シリーズ』3つめのアイテムは
パースです。丸いモチーフ・rondrond(ロンロン)を森の木々や葉に見立て
ふくろう3兄弟をクロスステッチとバックステッチで仕上げます。
タッセルやビーズなど根付を工夫するとパース作りがもっと楽しくなりますね。

3兄弟を全部前向きにした方がカワイイかな?と思いミニサイズでも作ってみました。
後ろ姿も好きなんですけどね。ふくろうの向きは皆さんに決めていただければと思います。



+がま口仕上げ+
d0113613_950334.jpg

昨日、東京国立近代美術館工芸館で開催中の「芹沢銈介のいろは」を観てきました。
昭和2年柳宗悦の「民藝の道」を知り感銘を受け、染色家としての道を
歩むこととなった芹沢銈介。染色家としてはもちろん、すぐれたデザイン力を発揮し
民芸運動を支えた作家の一人。勢いのあるレタリングや書物の装丁など
馴染みのあるデザインもたくさん見られます。
「派手でありながらも俗に落ちない色を生み出していった」と言われる多色使いの
配色をカレンダーのコーナーで実感。
装丁作品で獅子文六の「可否道」、式場隆三郎の「ファンホッホの生涯と精神病」が
レトロモダンなデザインで心に残りました。

「芹沢銈介のいろは」ー金子量重コレクション
東京国立近代美術館工芸館で5月8日(日)まで開催中




北の丸公園の桜
d0113613_11134518.jpg

花冷え、春の雨と開花宣言のあとは好天に恵まれない。
そんな陽気ですが土曜日の夕方、外堀通りをお花見しながら歩きました。
歩道から桜まで近いので曇りの夕方にもかかわらず桜色に囲まれている
感じがほっこりしてよかった。



++総武線と桜++