<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0113613_164686.jpg

千駄ヶ谷にいた頃、仕事帰りによく歩いていた
神宮外苑から四ツ谷駅までのコースを久しぶりに歩きました。
外苑前でヤマナシヘムスロイド45周年記念展を観た帰り、
写真は権田原交差点近くです。

今年も暖かく、なかなか秋らしい気候になりませんね。
外苑の木々もまだ緑を色濃く残していました。



+++
d0113613_11162116.jpg

白や赤に色づく苞が11月ころまで楽しめる千日紅。
ドライフラワーにすればその名の通り、千日色が変わらない。

先週母が右肩を骨折してしまいました。
秩父の顔振峠へ出かけ、帰りに山道ではなくアスファルトの道路で転倒。
丈夫な母も後期高齢者となり、事前の運動不足もいけなかったと思う。
やはり止めればよかったな、と後の祭りですが‥。

中高年登山にはまり50歳代からサークルに参加、父も山歩きが好きだったので
夫婦でも出かけていたし、本当によく登山を楽しんでいた。
父もちょうど今の母くらいの年齢で体調を崩し、山を卒業したんだっけ。
母もこの怪我をきっかけに、山は卒業してもらいたい。
でもそれを決めるは自分だものね。
なかなか、『さぁ、これでおしまい!』というふうにはいかないのかな。

着替えやお風呂の介助をしながら腰が痛くなったり
こちらの方が『少し前とは違うぞ〜!』と老いを痛感、両親ともまだ自分で動けるけれど
片方がちょいと怪我しただけでも家事の負担がのしかかる‥。
秋冬ものに衣替えを三人分するだけでも激しい疲労、
仕事から帰って来て料理をするのも大変なんだね。だから作り置きの本が
たくさん売られているのかぁ^^;‥‥なんて
私もいい年をしてシングルの身、これまでの人生どれだけ自由に、気ままに過ごさせて
いただいていたのかを思い知らされている今日この頃です。

とにかく母が完治するまではしっかりケアしなくては。

昨年の弘前市からはじめた秋の一人旅、今年はどこへ行こうかな〜と
またしても能天気に考え中でしたが、泊まりは無理のようですな。
日帰り旅に変更してプランを練ろうと思います。
‥‥ま、その前に荒れた庭を片付けたり、刺繍途中のサンプルに
キット製作にと、やること山積みですが。。。

皆様も秋の行楽シーズン、くれぐれも事故のないようにお楽しみください⭐︎


d0113613_1223296.jpg

江戸琳派の旗手、鈴木其一。
12年ぶりの公開となった「朝顔図屏風」や独特の
青が冴える「夏秋渓流図屏風」もそれは素晴らしい傑作ですが
私はこのひとの描く草花が好きです。
その草花が一番美しく映る時間帯や空気感を的確に捉えているので
今の時代に見ても描かれた草花に生き生きとした生命力さえ感じます。
春の花の表現も決して溢れるような満開の描写はせず
ほのかな花びらの色彩だけで、桜なら「暁桜・夜桜図」に、梅は「雪中竹梅小禽図」にと
春先の薄灰色の空や朝晩に残る冬の面影を感じさせるみごとな描写。
秋の枯葉一枚ごとの表情の違い、透け感、色彩そして構図の間の取り方など、
あげたらきりがありませんが胸に沁みるたくさんの表現に出会えます。
美術館を後にする頃には、久しぶりに向島百花園へ出かけ、
秋の草花を楽しみたい気分になりました。

ポストカード:鈴木其一「朴に尾長鳥図」

また、このひとの人気と性格の几帳面さがうかがえる
ミニチュアまき絵や小さい帳面にぎっしり書き込まれた受注リストに
別の意味で感動と尊敬を覚えました。