タグ:ヴォーグ学園 ( 41 ) タグの人気記事

d0113613_13313675.jpg

今年は久しぶりにクリスマス刺繍のキットを制作中です。
実際にはクリスマスといってもさほど特別なことはしないので
ティクロワをはじめた頃に懸命に可愛らしくデザインしたトムテのチャートなどを
見返すと苦戦の跡がうかがえます。今年は自分に忠実に(笑)‥
華やかさのかけらもありませんが、ひとつめのキットは柊をモチーフに
好きなカラーである青3色を使った「Blue holly」です。



額に入れて飾ります⭐︎
d0113613_1348080.jpg

講座用キット「夏に持ちたい‥」シリーズ3アイテムがやっと完成!!
といっても1stサンプルなのでこれから微調整やレシピの製作に入ります。
写真はバッグ、ハンカチに続く3アイテム目のリネンポーチです。
このポーチは懐紙入れとして使えるサイズ☆バッグとおそろいの
ジグザグヘムステッチとグログランリボンとのコンビがアクセントの簡単仕上げです。
ぜひ作ってくださいね☆



バッグ・ポーチ・ハンカチ
d0113613_13361128.jpg

ヴォーグ学園東京校「ティクロワのクロスステッチ講座」
2015年4月からの日程をご案内します。
4月4日/5月9日/6月6日/7月4日/8月1日/9月5日 土曜日
午前のクラス 10:00〜12:30 午後のクラス 13:30〜16:00

写真はTwitterでご紹介済みの「夏に持ちたいリネンで作るステッチバッグ」。
スタート時からずっと講座を継続されている皆さんは
そろそろクロスステッチ+αの作品づくりに入られています。
仕上げや縁かがり、ドロンワークなどのステッチをデザインとしてあしらう
リネン雑貨も今後キットになって登場します。
「夏に持ちたいリネンで作るステッチバッグ」もそんな作品のひとつです。
二つ折りのサシェとハンカチをシリーズ化する予定。
また、その後は講座で初登場のクリスマスキットも企画中です。

2015年も「ティクロワのクロスステッチ講座」をよろしくお願い致します☆



サークル的集い
d0113613_14215593.jpg

ティクロワのクロスステッチ講座(ヴォーグ学園東京校)講座用キット
から、「わたしの刺繍時間」 In the bag 編を一般のお客様向けに
販売します。ホームページでご案内していたように
講座でのレクチャーを基本に構成した解説となっていますので
少し分かり難い箇所もあると思いますが、これまで通りアドバイスをキットに
添え送らせていただきます。
お気に入りが見つかったらティクロワのホームページ・メールボックスから
ご一報ください。オーダーの前にまずは気になるキットのセット内容と
価格をお知らせします☆



薔薇のクロスステッチ3種
d0113613_14254781.jpg

刺繍で雑貨を何か作りたい!!と思い、いざ本や雑誌を開く。
このページの「コレ」にしよう〜と決めてから、図案を選んで、材料を用意して、
寸法測って、線引いて‥‥ってそこまでで1度や2度はお茶したり
おやつをいただいたりする。そして、ここでとりあえずやめておくか‥‥となり
放置されること1ヶ月、1年、久しぶりに目にした時には最初の情熱はもうとっくに
失せている。

そんな経験をお持ちの方向けのシンプルステッチで送るカスタマイズキットです。

講座の土曜日でスタートすると翌日の日曜日には完成!
めでたく月曜日からBagにポンッと入れて歩けることでしょう^^

そううまくいくかどうかはわかりませんが、ぜひトライしてくださいね☆



3つのアイテム
d0113613_11361150.jpg

さて早いもので来週から10月です。
あせる〜!刺繍の季節は年賀状デザインの季節でもある。
ティクロワの New Year Card は2015年も干支シリーズが続きます☆
そして10月から来年の3月までヴォーグ学園の講座も後半に入ります。
新規受講生の方へ持参していただくものの中に「糸切りばさみ」と
記載があると思います。今日はティクロワをはじめてから少しずつ
増えた(増えざる負えなかった…)糸切りばさみの話です。

10年くらい前は日本で購入できなかったSajouのはさみ(2)。仏から
届くのを楽しみに待ったものです。コウノトリ小(4)とSajouのはさみを
刺繍を始めた頃よく使い、よく床に落とし^^;今はあまり切れなくなりました。
お裁縫箱に前から入っていたクロバーのはさみ(8)は今でもすごい切れ味。
この和裁のはさみは刺繍には少し不向きですが。
そして雑貨的感覚(?)のはさみ(7)は最初から切れ味わるし。。
同じ雑貨感覚でもケースデザインも実用性もナイスなのが(9)☆
コウノトリ大(3)は友人の仏土産☆刺繍しているんだ〜って話しておく
べきですよね、やっぱり!
で、今は、DMC(1)と日本のメーカー・美鈴(なぜか5/6とナンバーが2つ…)
特に少し大きめなのに先がしっかり細い美鈴のはさみが糸と刺繍用の
麻布をカットするのにも便利でよく使っています。

多少、当たりはずれがあるとは思いますが、実用性に優れ、和裁用でない
タイプをお選びいただけたらと思います。
いずれにしても刺繍を始めると(これは私だけなのかな?)手元に
あったはずの糸切りばさみの姿が見えなくなるもので、2つ目、3つ目と
徐々に数が増えて、今に至といったところです。
このように必要性に迫られてのことではなく手芸道具の中には
本当にカワイイものがたくさんあるのでコレクションしても楽しいですよね☆

では、来週4日(土)お教室で皆様のお越しをお待ちしています。


d0113613_15564896.jpg

アトリエの限られたスペースであっちを向いたりこっちを向いたりしながら
新しいimacと自分の居場所を決めつつサンプル進行‥‥で、もうすぐ8月も終わる。
ノートタイプから再びデスクトップ型に戻したのはもちろん視力が落ちてきて
PC作業がとてもとても億劫になってしまったから。
でも、いざ納品されるとその大きさにうんざりする。もっと仕事しろ!って上から
言われているような圧迫感^^;
ノートタイプがおさまっていたスペースに置いたら近すぎてマズイ感じで
デスクトップと私の微妙な距離感がホントに大事なことに今さら気づく。

話は本日のタイトルに戻るわけですが、クロスステッチは刺繍の中でも
簡単なステッチですが、カウントステッチでありますから
布目(布の糸の本数)をカウントできないことには始まらないのです。
写真は1cmに横5つのクロスをステッチをしたところです。
布の縦糸は10本、横糸は2本使っています。
私は刺繍をはじめて半年でメガネを作ることになりました。
近頃、シニアグラスとか宣伝文句でみるけど『老眼鏡』のことですよ。
楽しくなっちゃって夜間も刺繍し続けた結果どんどんぼやけてきました。

お教室でも「思ったより布目が細かい‥」と苦戦される方もいらっしゃいます。
しかし、今のところ、ティクロワのクロスステッチ講座では1cmに布目が10本
ある『10目の麻布』を刺繍用のキャンパスとして使うことを基本と
しています。講座は見学できますので、もしご心配な方は
9月6日(土)にヴォーグ学園にいらしてくださいね。

そんな訳でデスクトップと自分の距離同様、針と布を持つ手と自分の
距離感も相当大事な問題なんですよ〜
メガネを作るときは「手元30cm」で決めました。

本日Twitterでは一足先に新しいキットのインフォメーションも始めました。
秋はハンドメイドのシーズン、10月からの講座でも皆様のご参加を
お待ちしております☆


d0113613_15453562.jpg

暑中お見舞い申し上げます☆
日本全国、大雨・猛暑と大変な夏になっていますが
皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

さて、ヴォーグ学園・東京校で2013年4月にスタートした
「ティクロワのクロスステッチ講座」1期6回、8月2日で通算23回の
講座を終えました。写真は受講されている2名様のプチトートです。
右:使用前 左:使用後・・という感じ^^
時間と手間を惜しまずに丁寧に仕上げた刺繍小物は『作ったら使う』
それがこの講座のコンセプト♪
次期10月〜3月の講座お申し込み受付中です。
興味のある方は9月6日に見学もできますのでお気軽にお立寄ください。

では、本日は受講生の方たちがティクロワの図案をご自分らしく
アレンジしてくださった作品をご紹介します。素敵ですよ〜☆



お好きなカラーで…
d0113613_105672.jpg

これまでもご紹介してきましたが‥‥
ティクロワのキットでリネン雑貨を作る前にそろえておくと便利な手芸道具です。

● しつけ糸/青や赤といったビビットな色の糸がおすすめです。
 ティクロワで使用している糸「リトルハウスのブルー」LH102027 500m 巻
● 縫糸/ナチュラルカラーの未晒しの麻布の場合(ベージュの縫糸)
 「普通地用スパンミシン糸#60」シャッペスパン60-700 131/108
 本格的な仕上げをご希望の方は、Bockens ボッケン麻糸90/2(#470 ナチュラル)
 白い麻布の場合(白の縫糸)
 「普通地用スパンミシン糸#60」シャッペスパン60-700 生成403
 本格的な仕上げをご希望の方は、Bockens ボッケン麻糸90/2(#1/2 オフホワイト)
● 中袋などをお客様にご用意していただくキットもあります。
 ティクロワでは多くの場合、シーチングのオフホワイトやベージュを使用しています。
 (刺繍用麻布は透けるのでプリント生地などは表に響かないものを選ぶこと)

こんなリストも講座用キットに添えさせていただきます☆



+++
d0113613_16542126.jpg

ヴォーグ学園・東京校 ティクロワのクロスステッチ講座のための
ステッチキット、通算で11個目のキット用サンプルがやっと完成しました。
最後に「白」を2色に分けるためにほどいたりして、まず時間かかりましたわ。
でも仕立てにキルト綿をはさんだり、私にしてはめずらしく
中袋リバティ使いとVintage roseシリーズ最後の1つも愛しい
アイテムになりました。スマホケースとして使います☆

Vintage rose 03は、イギリスのトワール(風景や人物の絵画的表現模様の布)や
フランスのジュイ布の中にでてくるような薔薇をイメージしてステッチチャートを
デザインしました。



+++