d0113613_11413570.jpg

こちらは何といっても連なる4つの露天風呂で有名な汪泉閣。
女性専用露天風呂はひとつで残りは全て混浴です。

d0113613_11434774.jpg

自然に囲まれた源泉掛け流しの大露天風呂は圧巻ですが
別の意味でもぶったまげる〜( ̄□ ̄;)!!
楽しそうに入浴する若いOLさんの後ろには、すっぽんぽんの
おとっつぁんが仁王立ち!いいの〜?絵としてはそっちの写真が
あった方が臨場感がお伝えできたところですが
もちろん撮影禁止です。。。
写真は女性専用の「真耶の湯」、安心して入浴できます。

この温泉には、

d0113613_11541885.jpg

えさを待つクマちゃんもいるし^^

d0113613_1155638.jpg

展示されたすさまじい数の古道具もお楽しみのひとつ。


では汪泉閣の紅葉をどうぞ!

d0113613_11575365.jpg
d0113613_11582293.jpg

d0113613_11584567.jpg


明日はいよいよこの旅のメインイベント吹割渓谷の散策です060.gif
ここは谷川岳から宝川温泉へ向かう途中の紅葉ポイント。
d0113613_11255824.jpg

通り過ぎそうになりながら車を止めた。

d0113613_11274675.jpg

この奥利根橋で驚きの絶景が!

d0113613_11295886.jpg

d0113613_11302613.jpg

d0113613_11284563.jpg
鄙びた歩道橋にも色づいた葉がからまる。

d0113613_11305129.jpg

まだ緑の残る80%くらいの紅葉ですが、十分満喫できました。


おまけはこちら。
テッちゃんに囲まれてぴっかぴかに輝いていました。

d0113613_1143990.jpg

d0113613_11432896.jpg

行楽シーズンになると高崎〜水上間を運行している
D51形式蒸気機関車「SL奥利根号」。
水上駅周辺を散策している間、時折聴こえてくる汽笛。
それが何とも言えない懐かしさでした。
列車の旅も車では行けない山間の紅葉を楽しめそうですね。

SL奥利根号の情報はこちらにあります。
http://www.minakami-onsen.com/sl.php


明日は宝川温泉の紅葉です060.gif
週末、紅葉めぐりに行ってきました。
今週のエントリーは、群馬県水上・沼田周辺の紅葉写真です。

d0113613_1644653.jpg

街中もそろそろ秋の匂いが漂いはじめた今日この頃。
しかし、温暖化の影響か都心では夏日のような日もあるわけで、
半袖Tシャツ姿も普通に見かける10月下旬。
とにかく少し北へ向かい山の上の方角を目指すことにしました。
谷川岳の紅葉を満喫しようと天神平のロープーウエイ乗り場へ。

d0113613_16494158.jpg

登ってみると上の方の紅葉は終わり…

d0113613_16505684.jpg

すでに枯れてひからびた草が悲しい。

d0113613_16535362.jpg

風力計がピタっと止まり

d0113613_16554797.jpg

絶景目指し、リフトでさらに上へ登る。

d0113613_16592588.jpg

山頂まで行くと素晴らしいパノラマ。笠が岳方面を臨む。

d0113613_1715217.jpg

谷川岳のトマノ耳&オキノ耳にかかる雲。

d0113613_1813474.jpg

リフトでロープーウエイ乗り場まで戻る途中の眺め。

d0113613_1751018.jpg

d0113613_1752832.jpg

ここ天神平では、ロープーウエイの中から山の中腹の紅葉を見下ろすのが
正しい紅葉の楽しみ方といったところです。
窓越しの撮影でちょっと不思議で絵画チックな写真になりました^^;

次は奥利根の紅葉です060.gif
d0113613_14323050.jpg
こんな本を見かけたら、またしても気分はPARIS。
さすがに私が行ってから時が経ち、PARIS写真の鮮度も落ちてまいりました...。
今、行くと確実に違う風景だろうな〜と思えるのもののひとつに
"メトロ"の広告があります。

d0113613_14331628.jpg
d0113613_14333069.jpg

正直、なんの先入観も持たず東京の地下鉄に乗るような気分でいたら
なんなんでしょ〜。PARISのメトロはちがっていた。

d0113613_1434796.jpg


駅ごとにプラットホームや構内に特色があるんですね!
(東京でも大江戸線の各駅は「お江戸デザイン」な工夫がされていますが...)

d0113613_1434571.jpg

タイルのよるモザイクもあります。

しかも壁にある広告やサインのなんとグラフィカルなこと!

d0113613_14362795.jpg
d0113613_14364428.jpg
d0113613_1437643.jpg
美しいカラーリングとレイアウト!
あまり期待せずに訪れた街でこの喜びは大きかったなぁ。


そして...
d0113613_12324763.jpg
d0113613_1233651.jpg
d0113613_12332370.jpg
d0113613_12333528.jpg
d0113613_12334822.jpg
d0113613_1234541.jpg
土曜日に伊豆の河津へ早咲きの桜「河津桜」見物に行きました。
満開少し前でしたが山から海へ向かう河津川の両岸に
みごとに咲いた桜の下を散歩しました。
この町には親戚がおり、子供の頃、夏休みの1~2週間を
この辺りで遊んで過ごしました。
その頃はまだ、桜の木は植わっていませんでしたが
海や川や山で自然を満喫したものです。
町のところどころに昔の面影を見つけながらの散歩。
そして、帰り道に135号線沿い、伊東の赤沢温泉の眺望露天風呂で
しばし温泉休憩をして帰りました。
海と空とお湯につかった自分が一体化する、開放感たっぷりのお風呂は
本当にお勧めです。(最後の写真にほぼ近い景色が目前に広がります)
今年の春は桜を撮るぞ〜〜〜!
穂高

d0113613_11253162.jpg

碌山美術館(ROKUZAN ART MUSEUM)
昭和33年開館。キリスト教に傾倒した萩原守衛(碌山)を象徴する教会風建築。
1904年、25歳のときロダンの「考える人」に強い衝撃を受け彫刻家になる決心をして、その道に突き進み30歳という若さで永眠するまでの短い間に残した素晴らしい彫刻を、館内でゆっくり閲覧することができる。

d0113613_11274330.jpg
d0113613_11404750.jpg



More
上高地

d0113613_14273853.jpg
ぜったいに護らなければいけない場所、そんな気がした。

More