d0113613_16183110.jpg

キンポウゲ科のシュウメイギク。秋に菊に似た花を咲かせるから
その名がついた。花びらに見える部分はすべてガク片である。
庭にはケイトウも咲きはじめた。秋が少しづつ近づいてきました。

残暑お見舞い申し上げます。

20日までブログをお休みいたします。
ティクロワのホームページ及びShopは運営しています☆



d0113613_10203844.jpg

紫色の花をつけたミズカンナ。

「古代蓮の里」の園内はかなり広く、少しでも涼しい日にお出かけに
なるのがオススメです。売店や古代蓮会館は9:00から営業ですが
園内には終日入れるので早朝が気持ちよいかもしれませんね。



園内には42種類の花蓮がある
d0113613_10443159.jpg

埼玉の行田市にある『古代蓮の里』へ写真散歩へ出かけました。
覚悟はしていたものの、暑かったですぅ。。。

池の中に飛び込みたいほどに^^;



花弁の数が少ない原始的な形態
d0113613_109443.jpg

あの風雨の中、夕べはなかなか眠れませんでした。
グリーンカーテンにフウセンカズラを設置したばかりの小窓が
気になって、気になって‥‥。
今朝起きてすぐにチェックしたらまったく損傷なし!ほっとしました。
無事に育ちフウセンをつけたらお披露目しますね〜♪

台風が来ると聞いて庭のラベンダーを摘み、スティックを
作りました。ほんのり香ります。あとは虫が出てこないことを祈るのみ。。


d0113613_11495956.jpg

清流の傍らでテマリ咲きの瑞々しい花を咲かせていた深大寺の紫陽花。
京王線沿線なら高山不動尊の方がもっと紫陽花が楽しめるはずですが
名所でなくても美しい水のある場所に咲く花は色艶がちがう。
境内の緑も合わせて楽しめました。



梅雨のなごみ
d0113613_10561841.jpg

どこを歩いても新緑が気持ちのよい季節になりました。
写真は、庭を新しくする時、私なりに計画を立てようと手にとった本です。
その頃ファンになったガーデンデザイナーの水谷昭美さんの著書。
日当りが今ひとつの裏庭の設えなんかとても素敵なんですよ。
雑貨の使い方などヒント満載の一冊です。

今年は「緑のカーテン」をつけたい窓がいくつかあり
そろそろ本気で取り組まなくては‥‥と思い、再びこの本と水谷さんの
ガーデニングが紹介されているサイトなどを閲覧中。
フウセンカズラのような夏に涼しげな蔓ものや小さな花をつけるものが好み♪
明日は久しぶりに植物園へ出かけるので今から楽しみです☆

ー水谷昭美さんのナチュラルガーデン 小さな庭に四季をつくるー 主婦と生活社
d0113613_9322091.jpg

蔓が鉄線のように強いからこの名がついた花。
根からは通風に効く薬「威霊仙」が採れるそうだ。
蔓や葉の進む方向が皆横広がりで思うようにまとまらないので
こんなカゴにからませてみた。
会社にいた頃、得意先の方から当時の社長がお土産にいただいたカゴ。
得意先が帰られた後に「趣味じゃないから、あげる」と横にいた私にくださった。
何処からきたのか、どちらの作家さんの作品だったのかも
今となっては思い出せない。
でも、私は当時、このカゴを一目見て気に入った。
そんな私の『瞳がキラリ!』を社長は見逃さなかったのかも。
きっと私が遠慮しないように「趣味じゃない‥‥」を付けたんだね。
当時の社長の年齢に近づいた私。
そんな大人の心の中も少しは読めるようになってきた。


d0113613_17131484.jpg

母が庭を作りはじめて3年目の春。
つる薔薇・スパニッシュビューティーがと〜ってもきれいです♡
次々に開花中☆


d0113613_138599.jpg

昨日は立夏だったからか、夏みたいに晴れたGW最終日。
何も最後の日にこんな快晴にならなくても‥‥と思っていたら
いきなりの天気雨(`△`)
楽勝と思っていたお仕事は想定外に手がかかり出かけられず、
連休最終日はとても地味にPCに向かうクロススケッチですーー



アリウムと‥‥
d0113613_1312452.jpg

子供の頃、この季節になると
祖母がいとこたちを連れ遊びに来て
皆で近所の土手へつくし採りに出かけたものです。

空き地で少しだけ見つけたつくし。
酢みそ和えにしていただきました♪



花散歩