タグ:雑貨 ( 118 ) タグの人気記事

d0113613_14364853.jpg

先週、表参道ですでに荷物が増えてしまったのに入ってしまった「ソストレーネ グレーネ」。
よってこんなシールやらカード+封筒などのステーショナリーしか買えなかった。。
デンマークの雑貨店「ソストレーネ グレーネ」SNS(インスタグラム)フォロー中です。

d0113613_1521321.jpg

店内は2Fのレジに行くまで一方通行のためお気に入りはすぐにカゴへ‥‥と張り紙が。
そんなこと言われてもアレもコレもは買えませんよ!!
100円〜1000円くらいのアイテムが多いんですけどね。

d0113613_1523168.jpg

表参道ヒルズの裏道を行くと正面に見えます。この日は久しぶりに北参道まで散歩した。
それにしてもこの辺りはお店だけではなく民家もなくなり街がどんどん変わっていく。
オリンピックの頃にはどんな風になっちゃうんでしょうか?
昔仕事帰りに卓球に通った小学校は(写真左側)今も残る。。

d0113613_1252351.jpg

タッセルは刺繍小物にかかせないアクセサリーですね。
今回は25番刺繍糸を使い、いくつか作ってみました。写真は紐の両側に
付けたタッセルをなんでもないリネントートの持ち手にかけています。



ヘッドとネックの始末
d0113613_1381047.jpg

まい泉通りにオープンしたcazaruへ寄った頃はすごい暑さだった。
お店の前に出されたワゴンにふらふらと近づいて行きそのまま入店。
クーラーの効いた涼しい店内でのんびりしちゃった♪
インテリアショップって、やっぱり楽しい!!
ポプリをひとつ買おうをいろいろ香りを確かめて、結局はカラーで選んだ感じ。
アトリエでちょっと器に盛っただけでリラックス〜〜

「飾るマーケット」がコンセプト。
カリフォルニア生まれのCAZARUインテリアマーケット



+++
d0113613_1173243.jpg

血液型がO型だから?とにかく蚊にさされます。
蚊よけとアフターケアものは私の夏の必需品。
シトロネラの香りでちょっと気持ち悪くなるときもあるけれど
我慢です。庭に出る時に限らず薄暗いお店なんかだと
足があぶないから携帯しないといけない。
今年友人Mちゃんにもらったスプレーオイルはそんなに強いにおいもなく
使えます。‥それでも刺されてしまったら、黒いフタしか写っていないけれど
『パーフェクトボージョン B&S アウトドアバーム』が効く!
このバーム、いつもスパイラルマーケットでついでの時に買っている。
ぜひ近所のドラッグストアで取り扱ってほしいアイテムですな。
(家の近所だとムヒしか買えない)
オイルはラオス、バームはオーストラリアが原産国。
日本の蚊にはキンチョーなんでしょうけどね。スキンケアのもので
日本製にもすぐれものはあるのかもしれないけれど
パッケージデザインがあんまり‥‥ということが携帯しない理由かも。。

今日は部屋にこもって刺繍をしながら台風が行ってしまうのを待ちます。
そして10月からのヴォーグ学園講座用キットもそろそろセットを
はじめようと思っています^^v


d0113613_1044454.jpg

6月の最後の週はラジオやTVでさまざまな「紫陽花」の特集がありました。
旅や散歩、また花そのものの楽しみ方などなど。

そんな中、我が家の紫陽花は不作です‥‥花の数も少なくリース一周分にも満たなかった。
しかし飾りながら変化を楽しみ、クリスマス頃ちょうどドライに仕上がるというので
今日から7月ですから今年の下半期、このリースを楽しみます。

先週の「美の壺」で、6月18日にブログに投稿したピンクの紫陽花は
園芸家が品種改良を重ね生まれた「ダンスパーティー」という紫陽花らしい
ということがわかりました。野趣あふれる山あじさいや昔ながらのもの、
そして品種改良された花を含めると軽く100を超える品種があるといわれる紫陽花。
来年は庭にもっともっと咲かせて大きなリースを仕上げたいと思います。
‥‥そのためには何か別の木を引っこ抜かないと無理なんですけどね^^;


d0113613_21345277.jpg

きょうはなかなかの散歩日和でしたね。
リトアニア共和国大使館で開催中の「Lithuania Diary in Tokyo」
リトアニア・ダイアリー vol.4を見てきました。
バルト三国の中でも良質なリネンの生産国として有名なリトアニアは
いつか行ってみたい国のひとつです。



Limited Shop & Cafe
d0113613_11395613.jpg

母がどこかの旅の土産にくれた雛人形。
私が二人暮らしから一人暮らしに変わった頃だったと思う。
その頃はバブルがはじけた後だったけれど、今よりは日本の景気はましで、まだまだ
仕事が忙しかった。冷蔵庫の中には水とビールしか入っていない、いつも
職場にいたような暮らしだったのに、このお雛様だけは毎年箱から出して飾っていた。
『暮らしの歳時記』に載っているようなことで実践していたのは
こんなことくらい。たったこれだけのことでも、忙しい日々の中に
春の訪れを感じられ、ほっとできたことを憶えている。

子どもの頃は、昔ながらのひな壇を出して、たくさんの雛人形を
飾っていたけれど、3年前の引越のときに思い切って処分した。
ちっさい漆の重箱だの装具や備品をママゴトに使っちゃって、
だんだん人形だけになっていったのを思い出す。
母は断腸の思いだったと今でも語ります。
だけど、昔から日本の住まいなんてそんな広くなかったはずなのに
どこの家でも大きなひな壇をバ〜ン!と組み立てていたものだ。
友だちの家で玄関しか飾れる場所がなく、扉を開けるといきなり‥
なんてこともありました・笑

ここ数年はまた、春先にこの小さなお雛様を飾っています。


d0113613_17103352.jpg

探し物をしていると予期せず、まったく違うものが
見つかるということはたまにあることですよね。
もう、これ以上探す場所がない‥‥と思いながら開けた
1番下の引き出しの奥の真っ暗な場所に何か落ちているのがうっすらと見えた。
手を伸ばして触ってみると、ムニュ〜ッとする!

袋から出てきたのはKちゃんに以前いただいたスペイン土産。
ダリのクチビルでした。
テンピューロ枕と同じ触り心地でついついニギニギしちゃう。
今日は午後からこの低反発クチビルをずっと左手でニギニギしながら
仕事をしています。

写真は、ずっと前にデコレーターさんからいただいた
ディスプレイ用のクチビルと一緒に撮りました。
こちらのクチビルはピンクッションとして使っています。

でも探し物はまだ見つかっていません。(涙)


d0113613_12295235.jpg

ヴォーグ学園・東京校で春からスタートするティクロワの講座は
今までワイワイやってきたワークショップのような雰囲気になると
思っています。そうなると今度はワークショップをどうする?‥‥と
内容をあれこれと考えている今日この頃です☆
そんな時は机に向かっていても何も浮かんでこないよね。
やっぱり、外をうろうろしないと!!(仕事をさぼる口実か^^;)
そんな訳ですご〜く寒い日でしたがお友だちと馬喰横山で待ち合わせ。
少し前までは手芸問屋さんに来るくらいでしたが
最近は独特の雰囲気を醸し出しているこのエリア、新しい散歩コースに
加わりました。
めぐったショップでいただいたカードを集めてパチリ☆



江戸から続く伝統的なエリア
d0113613_11452297.jpg

ドイツの花糸・VH3色、特に2032(パープル)が気に入りました。
OOE、FREMME、fruzippe‥
同じように見えても見比べると各社それぞれに異なる色出し。(当然ですが‥)
自分のイメージにピタッと合った「紫色」や「青」との出会いは、
たとえこんなに小さな刺繍糸の1束でも嬉しいものですね。

思い起こせば、花糸との出会いがティクロワをはじめるきっかけでした。
麻布に花糸のクロスステッチ、今、ティクロワの原点に戻り
春からはじまるヴォーグ学園・東京校の講座に向けて
また、ティクロワのShop用にサンプル作りを続けています。
ティクロワの思う『クロスステッチの楽しみ』をお集まりになる
皆さんとそして、全国にいらっしゃるホームページやブログに遊びに
きてくださる方々とこれからもずっと分かち合いたいなぁ!
とそんなことを考えながら..。.:*・゜



sample 1