d0113613_2075933.jpg


古写真の鑑定を仕事にしている友人のnaomiさん。
彼女とはご近所さんで時々楽しいお話を聞かせていただきます。
最近お引っ越しをされた彼女から、この机をゆずっていただくことになり
昨日、梱包しに行きました。
なかなかの年代もの。筆入れや小さな引き出し、可愛い戸棚・・たまりません。
この机全体をマイ・ソーイングボックスにするつもり。
楽しみです〜\(^O^)/。。。

そしてnaomiさんのコレクション♡
d0113613_2062147.jpg


次のお教室の作品用にピンク・パープル系の糸を買いに行きました。
ついでに花糸の見本帳を購入。DMCの25番と比べると、花糸って素朴。
それぞれの糸の良さまで、自分の作品の中で表現していきたいものです。
次回は提げひも付きのめがねケースに入ります。
また、習得したものをアレンジして、オリジナルデザインしたタイプを
ブログでアップしますね!乞うご期待♪

表参道から戻る途中・・・
d0113613_2045382.jpg


これが出来上がったのは、夕べ、というか今朝の2時のことでした。
この週末は久しぶりにお天気が良くて、また外をうろついてしまいました。
チャコペンを削り、布やデザインノートを用意し、準備万端で迎えた週末。
なのに、出来上がったのは、この小さなピンクッションだけ・・・。

小さいけれど・・・
今回おすすめするのは、ダイアン デヴィッドソンのロングセラー
料理ミステリーのVol.12、クッキング・ママの鎮魂歌
主人公のゴルディは、ケータラー。当然、お話の中に彼女の仕事である、
様々なオケージョンに合わせたメニューが登場、
そのレシピまで掲載されています。(毎回とてもおいしそうなレシピ満載!)
いくら小説とはいえ波瀾万丈なゴルディの人生。。。
でも、エールを送りたくなる頑張りやの働くママです。
愛息アーチも成長して反抗期を迎えています。
今回は彼女の元亭主の死からお話が始まります。かわいそうなアーチ。
でも女性の立場から考えると思わず、「いなくなってくれてありがとう!」。
この元亭主、息子のことは可愛がっていましたが、
ひどい暴力夫だったんです。別れてからも迷惑をかけられっ放し。
家庭の問題、殺人事件。彼女のまわりはいつもとってもにぎやか!?
再婚した夫、トムと力を合わせてパワフルに事件を解決していきます。

・・・もしも映画化されたなら・・・
このゴルディ役を演じるとしたら、メリル・ストリープかな〜♪
もう少し若い、サンドラ・ブロックもいいかも!
d0113613_2025563.jpg


フィンランド生まれスウェーデン育ちのテキスタイルデザイナー、
ロッタ・ヤンスドッターのロングハンドル トート・プリッカです。
4月15日まで青山スパイラル1Fショーケースで出版記念イベント開催中。
(文化出版局 「Lotta's Atelier Style」 仮)
これは、三越の北欧展で購入したものです。
自然や風景をモチーフにしたデザインはシンプルで都会的。

ということで私も・・・
d0113613_19581627.jpg


大江戸線の都庁前でおりて地上に出ると、こんな空でした。
傘を持った人やブーツをはいた女性が目の前を通り過ぎます。
・・・また、今日も雨になりそう。

前にNYでも今日と同じように空を見上げたことを思い出しました。
とてもとても自分の存在を小さく感じたことも・・・。
155cmなので、たしかに身長も低いのですが、NYの建築物や、
部屋や家具の大きさ、食べ物の量まで。。。
自分が子供のような気がしてなりませんでした。
大きなものに囲まれる一種の圧迫感や不安を
今日のこの光景を見て思い出したのです。
法律が改正され、東京は今以上に高い建築物でいっぱいになることでしょう。
不安や怖さを感じるのは私だけなのかな・・・?

でも、そんな不安もこれで解決♪