d0113613_12565939.jpg

ニッカウヰスキーの聖地、余市蒸溜所は広かった。
ここは試飲など楽しめる飲み仲間と来ると楽しそう!
もう、帰る日だったので小樽から朝イチで、ほぼオープン時間に
到着したのでした。




まっさんの家
d0113613_14025446.jpg

早朝の小樽港です。この旅では、山の方へ行くと少し雨が
ぱらついたりしたけれど、だいたい晴れていたので
どこへ行っても本当に素晴らしい景色を楽しめました。
札幌のついで感が強い小樽でしたが一泊したので
こんな朝陽に輝く港も拝めました。




古い街並み
d0113613_14132478.jpg

札幌の南、豊平川の上流に広がる定山渓温泉。
空と山と川に囲まれて、ここは新緑の頃もいいでしょうね〜
温泉街を巡る散策路を歩きながら色付いた落ち葉を拾い
深まりつつある秋を楽しみました。

10月の旅の後半は定山渓の景色からはじめます。




渓谷とダム湖
d0113613_15073818.jpg

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ。
すごいねこのホテル。サミットを開催したくらいだから無理もない。
ここからの洞爺湖が素晴らしいと聞いて寄ってみましたよ。
絶景を堪能させていただきました。




お山の大将気分
d0113613_14362396.jpg

湖面に写る景色が美しい18日の大沼。
17日は大沼に泊まりました。
久しぶりにホテルのそっけない部屋で
自分のアトリエのことを思った。
散らかりすぎだろう…帰ったら今度こそ本当に整理整頓だ!と
なぜかこの日の夜に手帳にどんな風に片付けるかメモをする。
旅先で心が洗われたんだろうか。
でも温泉にゆっくり浸かったらすぐに眠りに落ちました。




紅葉と朝食
d0113613_14061437.jpg

この日、函館山のロープーウエイは休みだったので
バスで展望台まで登った。
このバス、行きは右、帰りは左側に景色が広がるそうです。
私は行きも帰りも逆側に座っていました。。
函館山の夜景は以前も見た。でも今回も見たかった。
何度見てもいいなぁ。
写真は展望台下の公園からの夜景です。平たく見えるけど
ここからの眺めもとてもきれいです。




夜景まで
d0113613_13241055.jpg

観光客は多いけれど、それもあまり気にならないくらい
広々としているベイエリア。
港町独特の潮の香りに包まれて赤レンガ倉庫街を歩きました。
それから海の中に見えた『緑の島』へ渡りそこでも
散策を楽しみました。




エキゾチックな散歩道
d0113613_10450280.jpg

函館空港から直行したのは五稜郭タワーでした。
はじめに上からの一望を楽しもうとやってきました。
水と木々、黄葉、風の匂い。
ここは桜の名所だけど秋もいいですね。
北海道といえば9月にあった「北海道胆振東部地震」のことを
気にしないわけはない。でも旅の予約が済んでからの
出来事だったし、日本にいれば地震のリスクなんて
今やどこにいても同じでしょ、ということで予定通り旅に出ました。
着いた瞬間から地震のことなんて忘れたわ!
タワーからの一望をご一緒にどうぞ^^




12月はイルミネーションも
d0113613_10220665.jpg

先週の週末、伊豆の温泉に行きました。
10月の中旬はずっと雨が続き関節痛も出たりなんかして‥‥
雨女として想定内ではありましたが
台風21号と共に移動する傘をさしまくりの旅となりました。
最近は河津桜で有名になった父の故郷、河津町の湯ヶ野温泉にある
福田屋に宿をとり、まぁ、雨だからこそのんびり過ごせましたよ。。
(負け惜しみか…)




いつも通り三島経由で
d0113613_1118927.jpg

リノベーション、DIY、ここまで完成度が高いのに趣味とは‥‥。
会社にいた頃の上司は、ここ奥多摩湖からさらに小一時間車を走らせた山間の村、
山梨県北都留郡丹波山村で陶芸を生業にしている。
そして、カフェだ!クラブハウスだ!と写真の様なリノベーションを日々続けているのです。
あくまでも趣味として。先週久しぶりに丹波山村の「亀泉庵」に遊びにいきました。



+++